page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






個別銘柄

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の2017年業績停滞気味。2018年も横ばいか。

ベライゾンは、配当利回りが高い銘柄ですが、資産が多いが、負債も多い。配当利回り狙いならば良い銘柄です。PERも10倍程度とお買い得です。

ウォルト・ディズニー(DIS)の2017年業績停滞気味。2018年は回復予定

ディズニーは、映画会社ではなく、総合メディア企業でした。配当利回りの低さが残念です。株価も2015年から2018年まで停滞している印象です。

マクドナルド(MCD)の2017年業績良好。2018年も好業績つづく予測。

マクドナルドは、外食で世界首位のハンバーガーチェーン。業績は好調ですが、自己資本がマイナスです。購入は様子見で、今回のところは、見送ります。

ビザ(V)の2017年業績良好。2018年も引き続き業績好調。

ビザは、世界有数のクレジットカード会社。決済高で首位のVISAブランドを持つ。業績は極めて好調。死角はなさそう。文句無しの業績です。

インテル(INTC)の2017年業績。2018年純利益増大、業績急回復の予想

インテルは、世界最大の半導体メーカーです。2018年は業績急回復の見通しです。予想配当利回りは高いです。設備投資が巨大なため、業績の推移をチェック続けます。

ファイザー(PFE)の2017年業績。2018年増益へ向けて幸先良いスタート!!

ファイザーは、優良企業で、財務も良好な上、配当利回りも魅力です。PERが低いため、お買い得だとおもいます。

シスコシステムズ(CSCO)の2017年業績。

シスコシステムズは、優良企業で、財務も良好な上、配当利回りも魅力です。

スリーエム(MMM)の2017年業績。営業増益だが純利益減。2018は増益予想。

資本財セクターは、スリーエムの購入を検討します。

NYダウで個別株のポートフォリオを作ってみよう!!

NYダウ採用銘柄で、個別株投資銘柄をきめることにしました。採用基準は適当です。(一応、ランダムウォーク派なので)

米国株個別銘柄投資の銘柄をどう決めるか?数多ある銘柄からどうやって選ぶか?

米国株式投資において、管理人が個別銘柄をどうやって選択するかという、ありきたり?の方法を思いつきました。

マイクロソフト(MSFT)の2017年業績。ありえないほど儲けている。

マイクロソフトは、今更ですが、優良企業です。株式を少額でもいいので買います。

プロクター&ギャンブル(PG)の2017年業績。高配当なるも業績もたつき気味。

P&Gは、業績が低迷しています。株価低迷しているので、買い時と思うので、取得の方向で検討します。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)の業績・2017年業績。高配当。財務良好。

ジョンソンエンドジョンソンは税制改革により、大きな影響をうけて、純利益が激減しましたが、業績は回復予想です。また、財務的にも問題ないため、保持を続けます。

コカ・コーラ(米国株式)の業績・2017年業績と、2018年第1四半期決算結果。好調を取り戻す

コカコーラは税制改革により、大きな影響をうけて、純利益が激減しましたが、業績は回復予想です。また、財務的にも問題ないため、保持を続けます。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 業績改善・来季以降さらに期待大!!

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、今年の購入予定銘柄の一つです。資金を作って、押し目を狙います。

【コカ・コーラ】が、缶チューハイ参入・2018年5月に九州で

日本コカ・コーラが缶チューハイを3種類発売予定。5月28日(月)に九州限定で。

研究・開発・ブランド 企業の株式投資をします。

スマイルカーブの上流ブランド企業に投資します。

ほふり(証券保管振替機構)をつかうと証券会社間で、株式・投資信託の振替が簡単、短期間、節税できる。おすすめ。ぜひ利用してください。

ほふりを利用(直接的には、証券会社に連絡する)して、株式と投資信託の移動が簡単、短期間でできます。現金化による、損失がなく、おすすめです。ぜひ、利用してみてください。

コカ・コーラが、日本で缶チューハイ酒類参入

コカ・コーラが2018年度中に、日本限定ですが、缶チューハイ(酒類)分野に進出します。管理人は大歓迎です。事業が軌道に乗るように願っています。

米国ETF VYMを買いました。自分つみたて投資法をやっています。

「自分つみたて」と称して、ある程度、機械的に、買う時期、買う銘柄を事前に決めておいて、実行しています。つみたて投資の時間的な分散を、個別銘柄で自動的に行う試みです。今月は、VYM(バンガード 米国高配当株式ETF)を買いました。

米コカコーラが2900億円最終赤字。今後、米ドルをためて、株価下落局面で買い増ししていきたい。

日経新聞(2月17日夕刊)によると、米コカコーラが10月〜12月期で、2900億円の最終赤字。保有し続けるつもりなので、小波です。今後、株価下げの局面で買いましします。

決済高世界首位のクレジットカード会社ビザ(V)。S&P格付け A+。業績好調が続き、儲け過ぎか。キャピタルゲイン狙い。配当利回りが少なく残念。

ビザ(VISA)(V)は、業績が非常に好調です。PERが30%程度なので、業績の割にはお買い得かも知れません。配当性向が30%程度と低いので株主還元を期待します。

JNJ急落。がっくり。 S&P格付け最強AAAで、キャピタルゲインとインカムゲインを狙う。ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)を買いました。

ジョンソンエンドジョンソンを買いました。少しずつお金をためて、買い増しして、資産形成していきます。

世界最大級の製薬会社ファイザー(PFE)。S&P格付け AA。2016年まで4年間減益だったが、2017年以降増益予想。お買い得のディフェンシブ銘柄か?

ファイザーは業績が一時的に落ち込んでいますが、今後の改善が予想されますので、株価が安く放置されていると感じます。

マイクロソフト(MSFT) S&P格付け 最高のAAA(財務指標盤石)!!業績改善銘柄!!営業利益率35%へ!!営業キャッシュフロー/売上高は驚異の45%。

マイクロソフトは、S&P格付け AAA。2018年以降、業績改善予想。期待出来そうです。

プロクターアンドギャンブル P&G(PG)S&P格付けAA-。連続増配61年。NYダウ30銘柄。家庭用品メーカー世界一。売上は低迷しているが、営業利益率は良好

プロクターアンドギャンブルは、株価、売上高が伸び悩んでいます。2018年内での株式購入は見送りするでしょう。

【ハネウェル(HON)】株価10年間で2.5倍!!営業利益、純利益も8年間で2倍予想!! 1株当たりの配当も8年間で2倍予想。増益基調が継続しそうです

ハネウェルは増益基調なので、業績推移を見守る価値があります。

【オラクル(ORCL)】S&P格付けAA-!! ソフトウェア会社世界第二位!! 業績好調!! 今後も成長性期待大。

オラクルは、経営状況がとてもよく、非常に儲かっています。売上高営業利益率は、45%に迫る予想です。非常な優良株です。

スターバックス(SBUX)株価10年で6倍以上!!おすすめ銘柄!!S&P格付けA。営業CF/売上 20%以上!!フリーCFも30億ドル以上。ROEが50%超えていて効率よくもうけている。日々の生活にもとけ込んでいる。

スターバックスは、優良株でした。ここ2年株価が足踏みをしていますので、将来性に期待できると判断すれば、買いどころかもしれません。

ナイキ(NKE)。スポーツ用品業界の株価時価総額、売上高共に首位。S&P格付け AA-。ROEが良好。ROEが35%に迫る。配当余力も十分。

ナイキ(NIKE) ティッカー(NKE)は、優良株です。2018年の購入株として検討してみます。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村