page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ロボット資産運用をやってみようかなと思った件




にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村



にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります



楠木山人です。

 

ロボット運用に興味がわき、WeathNavi+SBI証券 を読んで見ました。

 

投資の基礎知識が少なく、日本語理解力が劣っているためか、説明が分かるようで、分からないことが多いです。

 

WealthNaviは、「ノーベル賞受賞の理論を基に運用。世界のプロが利用する金融技術。」だそうです。しかし、最低投資額は30万円からなので、私には敷居が高いです。

 

お試しの質問に回答して、どんな資産配分になるのか、見てみました。

7種のETFに分散した、シミュレーション結果が出ました。

(リスク許容度 5)

 

資産クラス  銘柄  ブランド名 純資産総額 投資割合

米国株    VTI        バンガード     8.6兆円           35.0%

日欧株              VEA    バンガード     5.6兆円           31.8%

新興国株          VWO  バンガード      5.9兆円           13.2%

米国債券          AGG   iShares           4.9兆円             5.0%

物価連動債      TIP        iShares           2.6兆円              0%

金                    GLD      SPDR              3.9兆円            10.0%

不動産             IYR       iShares            0.5兆円              5.0%

 

(920万円の投資額を20年以上で70%の確率で、1248万円以上)

 

これを見て、「なるほど、資産の配分は、こういう風にするのか?さすが、数値に弱い私とは違うな。それに、米国のETFは、資産額が巨大だな」との第一印象でした。金と不動産にも配分するのですね(金は株と値動きが異なるので、リスクヘッジに使用すると読んだことがあります。)

 

数あるETFの中から各資産クラス一種を選び、資産配分をして、税金を最適化して、年に一回くらい資産配分のリバランスもしてくれて、手数料が1%/年だと、確かにお得感があります。

 

正直なところ、「初期投資額が大きいが、やってみようかな」と思いました。

 

しかし、残念ながら、考え直して、今は様子を伺って、見送りすることにしました。

 

1. 金GLDは必要ないかな

2. リーマンショックが再来すればどう運用するのか。株式の配分が急低下する中で、リバランスをして、投資割合を守ろうとするのか?

  私としては、2008年リーマンショック時にとった対応と同じく、暴落時には、売買などはせず(実際は積み立てをしていたので、淡々とショック以前と同額を買い続けていました)に、嵐が過ぎるまでじっと身を潜めて乗り切りたい。連日、株価が下がっていくなかで、正直なところ生きた心地はしませんでしたが‥‥。

 

3. また、円建ての定期預金が少々あるので、新規手持ち資金の投資は株式に振り当てたい。

 

以上の結果から、現時点では、ロボット運用をするのではなく、自分のカネは、自分で運用してみようと認識を新たにしました。

 

半年後くらいに、Wealth Naviの運用結果をみて、再検討したいと思いました。

(各 ETFについては、どんなものか興味があるので、証券HPやその他の書籍資料で学ぶつもりです)

 

読んでいただいてありがとございました。  2017/11/28








にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります