page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






つみたてNISA 新生銀行は絞り込んだインデックスファンドを、顧客が迷わないように絞り込む商品構成(運用は野村アセットマネジメント)




にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村



にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります



新生銀行のつみたてNISAのラインナップを調べてみました。

 

 

 

新生銀行のつみたてNISA用の投資信託

 

2018年1月から始まるつみたてNISAの投資信託は、大きく分けると、インデックスファンドとアクティブファンドとETFに分けられますが、新生銀行の商品は、インデックスファンド3種類です。株式インデックスファンドが2種類とバランス型6資産複合インデックスファンドが1種類です(運用は、野村アセットマネジメントです)

銀行のつみたてNISAなので、商品を、区別がつき分かりやすいように絞り込んで、顧客に勧めやすくする方針と思われます。

 

新生銀行 つみたてNISA対象商品 のまとめ

(資産配分、資産構成、信託報酬などの説明)

1.野村つみたて日本株投信

  日経平均株価日経225)に連動することを目指すファンド

  信託報酬:0.1836%

 

1.構成銘柄

(1)ファーストリテイリング(小売業) 6.2%

(2)ソフトバンク(情報・通信業) 5.0%

(3)ファナック(電気機器) 4.2%

(4)KDDI(情報・通信業) 3.3%

(5)東京エレクトロン(電気機器) 2.9%

(6)京セラ(電気機器) 2.5%

(7)ダイキン工業(機械) 2.2%

(8)信越化学工業(化学) 1.9%

(9)日東電工(化学) 1.8%

(10)テルモ(精密機器)1.6%  

 

2.野村つみたて外国株投信

 MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

 信託報酬:0.2052%

 

 全世界45カ国を含む(先進国22カ国、新興国23カ国。除く日本)の株式市場の値動きを表すインデックス(指標)です。全世界の約2400銘柄から構成されて全世界の81%をカバーしています。

 

構成国

米国:54.9%、 英国:6.7%、 スイス:3.8%、 フランス:3.7%、 ドイツ:3.4%、 カナダ:3.3%、 中国:2.9%、 オーストラリア:2.6%、 韓国:1.7%、 オランダ:1.5%、 その他15.5% 

 

業種別構成比

金融:20.9%、 情報技術:14.4%、 一般消費・サービス:12.8%、 ヘルスケア:10.7%、 資本財・サービス:10.6%、 生活必需品:9.1%、 エネルギー:7.0%、 素材:4.7%、 電気通信サービス:3.8%、 公益事業:3.1%、 その他:2.9%

 

構成銘柄

上位9銘柄が米国株であり、ネスレのみスイス(2017年7月)。

(1)アップル(テクノロジー・ハードウェアおよび機器) 2.2%

(2)マイクロソフト(ソフトウェア・サービス) 1.5%

(3)アマゾン(小売) 1.2%

(4)フェイスブック(ソフトウェア・サービス) 1.1%

(5)ジョンソンエンドジョンソン(医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス) 1.0%

(6)エクソンモービル(エネルギー) 0.9%

(7)JPモルガン・チェース(銀行) 0.9%

(8)アルファベット クラスC(ソフトウェア・サービス) 0.8%

(9)アルファベット クラスA(ソフトウェア・サービス) 0.8%

(10)ネスレ(食品・飲料・タバコ) 0.7%

 

3.つみたて6資産均等バランス

信託報酬:0.2376%

均等6資産

株式:日本(16.7%)、海外(16.7%)

債券:日本(16.7%)、海外(16.7%)

リート:日本(16.7%)海外(16.7%)

 

新生銀行のつみたてNISA商品のまとめの一覧表

新生銀行のつみたてNISA商品のまとめ一覧表。ベンチマーク、基準価額、総資産、リターン等

http://sp.shinseibank.com/powerflex/trust/lineup/pdf/sp/nomura/171002.pdf

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。








にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります