page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






つみたてNISA対応 ひふみプラスの実績良好 つみたてNISAおすすめアクティブファンド




にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村



にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります



つみたてNISA対応の

 ”ひふみプラス” 

 

を調べてみました。

 

 

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/25/19/46/piggy-2889046__340.jpg

 

つみたてNISA用の投資信託

 

2018年1月から始まるつみたてNISAの投資信託は、大きく分けると、インデックスファンドとアクティブファンドに分けられますが、

 

ひふみプラスは、アクティブファンドです。

 

  

1.ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス

 2012年5月28日設定  設定来304% 3年 79.8%  

  (下記にひふみプラスの運用実績を記入しています) 

 

 

 

 

ひふみプラス

1 ひふみプラスの商品概要

ひふみプラスの商品概要 基準価格、総資産など

国内外の株式型。

信託報酬 1.0584%。

純資産4728億円。

基準価額 43385円。

リターン

 1年間:45.53%

 3年間:87.71%

 5年間:253.99%

 設定来 304.24%

  

2 ひふみプラスのファンドの目的  

”ひふみプラス”は、受益者の長期的な資産形成に貢献するために、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、ひふみ投信マザーファンドの受益証券を通じて、国内外の株式に投資することにより、積極運用を行います。

 

3 ひふみプラスのファンドの特色

ひふみプラスの特色1

 国内外の上場株式を主要な投資対象とし、市場価値が割安と考えられる銘柄を選別して、長期的に投資します。

 

ひふみプラスの特色2

 株式組み入れ比率は変化します。

 

ひふみプラスの特色3

 運用はファミリーファンド方式により、マザーファンドを通じて行います。

 

ひふみプラスの成長企業発掘

企業業績の変化に着目する定量調査(安定的な収益、割安感、株価水準)と、ヒトの可能性に着目する定性調査(経営者、ビジョン、現場の声、製品)をもとに、成長企業をボトムアップで選定します。 

 

ひふみプラスの成長企業発掘の手法の概要説明の図

 

ひふみ投信マザーファンドの組入割合推移

ひふみ投信マザーファンドの組入資産割合の推移

 

 

4 ひふみプラスの資産別構成

組入市場別比率

 

 東証一部     82.9%

 東証二部      1.2%

 マザーズ      2.9%

 JASDAQ      3.9%

 その他海外株    2.9%

 現金等       6.3%

 合計          100%

 

 小型株の割合が多いです。ひふみプラスが大きくなると(現在すでに、5000億近くで十分巨大ですが)、小型株市場に影響を与えて、不自然な価格形成になるかもしれません。

 

5 ひふみプラスの業種別比率の上位10業種

ひふみプラスの業種別比率の上位10業種

 サービス業  14.93%、情報・通信業 12.79%、電気機器 12.74%、小売業 8.06%、化学 6.53%  上位5位で、55.05%を占めます。

 

6 ひふみプラスの組入株式 上位10銘柄

ひふみプラスの組み入れ株式 上位10銘柄の一覧表

 

小型株が多いです。米国株、しかも、超大型株のマイクロソフトが目を引きます。日本電産も大型株で、他の銘柄と比べて異色です。アクティブファンドならではの銘柄選択です。勉強不足で、知らない銘柄もあります。10位より小さい株は、もっと無名の銘柄がひしめいているのでしょう。

 

ひふみプラスの運用成績

ひふみプラスの運用成績のグラフ

  2012年5月から、TOPIXの上昇率が180%程度(2.7782倍)に対し、ひふみプラスは、300%(3.0424倍)に上昇しており、ベンチマークTOPIXを大きく上回っています。 

 

参考 

三菱東京UFJ銀行つみたてNISA対象商品 のまとめ

www.usa-stocks.com

 

 








にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村


にほんブログ村のアイコンをクリックしていただけると励みになります