page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






つみたてNISA 千葉銀行 インデックス型のみで、7種類。典型的な銀行系のつみたてNISAのラインナップ。全方位型の品揃え。選びやすい。おすすめ。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

千葉銀行のつみたてNISA

 

 

 

2018年1月から始まった、つみたてNISAの投資信託は、大きく分けると、アクティブファンドとインデックスファンドに分けられますが、

 

千葉銀行のつみたてNISAの特徴

千葉銀行のつみたてNISAは、インデックスファンドのみで、すべて三菱UFJ国際投信の商品で、全方位型の7種類のファンドで構成されています。

 

 

インデックスファンド

 つみたてNISAの開始にあわせて設定したとおもわれます7商品です。

 

日本国内株式型

 

f:id:kusunokiyama:20180212155222p:plain

 

つみたて日本株式(日経平均

 信託報酬:0.1944%

 純資産額:0.81億円

 基準価額:10908円(2018/2/9)

 

つみたて日本株式(TOPIX

 信託報酬:0.1944%

 純資産:18.52億円

 基準価額:10809円(2018/2/9)

 

 

海外株式型

 

f:id:kusunokiyama:20180212155258p:plain

 

つみたて先進国株式

 信託報酬:0.216%

 純資産:2.16億円

 基準価額:10357円(2018/2/9)

 ベンチマークMSCI コクサイ(円換算ベース)

 

つみたて先進国株式(ヘッジあり)

 信託報酬:0.216%

 純資産:0.07億円

 基準価額:10290円(2018/2/9)

 ベンチマークMSCI コクサイ(円換算ベース)

 

つみたて新興国株式

 信託報酬:0.3672%

 純資産:1.92億円

 基準価額:10943円(2018/2/9)

 ベンチマークMSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

 

 

バランス型(株式、債券、不動産投信(リート)の混合型)

  

f:id:kusunokiyama:20180212155329p:plain

 

つみたて4資産均等バランス

 信託報酬:0.2376%

 純資産:0.34億円

 基準価額:10288円(2018/2/9)

 

つみたて8資産均等バランス

 信託報酬:0.2376%

 純資産:2.38億円

 基準価額:10208円(2018/2/9)

 

 

銘柄等の詳細

   

1 つみたて日本株式(日経平均株価型)

日経平均株価日経225)に連動することを目指すファンド

信託報酬:0.1944%

 

構成銘柄

(1)ファーストリテイリング(小売業) 6.2%

(2)ソフトバンク(情報・通信業) 5.0%

(3)ファナック(電気機器) 4.2%

(4)KDDI(情報・通信業) 3.3%

(5)東京エレクトロン(電気機器) 2.9%

(6)京セラ(電気機器) 2.5%

(7)ダイキン工業(機械) 2.2%

(8)信越化学工業(化学) 1.9%

(9)日東電工(化学) 1.8%

(10)テルモ(精密機器)1.6%  

 

2 つみたて日本株式(TOPIX型)

 

TOPIX東証株価指数)に連動することを目指したインデックスファンド

信託報酬:0.1944%

 

構成銘柄

(1)トヨタ自動車(輸送用機器) 3.38%

(2)三菱UFJフィナンシャルグループ(銀行業) 2.29%

(3)ソフトバンクグループ(情報・通信業) 1.53%

(4)日本電信電話(情報・通信業) 1.43%

(5)三井住友フィナンシャルグループ(銀行業) 1.44%

(6)ホンダ(輸送用機器) 1.34%

(7)ソニー(電気機器) 1.31%

(8)キーエンス(電気機器) 1.19%

(9)みずほフィナンシャルグループ(銀行業) 1.06%

(10)ファナック(電気機器) 0.99%

 

3 つみたて先進国株式(為替ヘッジなし、為替ヘッジあり)

日本を除く先進国の株式市場に連動することを目指したファンド

ベンチマークMSCI コクサイ インデックス)

信託報酬:0.216%

 

組入上位10業種

(1)ソフトウェア・サービス 10.27%

(2)銀行 9.80%

(3)医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス 8.09%

(4)資本財 7.51%

(5)エネルギー 6.82%

(6)食品・飲料・タバコ 5.36%

(7)素材 5.09%

(8)各種金融 4.66%

(9)ヘルスケア機器・サービス 4.16%

(10)保険 4.11%

その他 34.13%

 

組入上位10カ国

(1)アメリカ 65.49%

(2)イギリス 7.18%

(3)フランス 4.22%

(4)ドイツ 3.995

(5)カナダ 3.89%

(6)スイス 3.28%

(7)オーストラリア 2.82%

(8)オランダ 1.43%

(9)香港 1.34%

(10)スペイン 1.31%

その他 5.08%

 

組入上位10銘柄

(1)アップル 2.31%

(2)マイクロソフト 1.64%

(3)アマゾン 1.28%

(4)フェイスブック 1.10%

(5)JPモルガンチェース 0.99%

(6)ジョンソンエンドジョンソン 0.98%

(7)エクソンモービル 0.93%

(8)アルファベット(グーグル)クラスC 0.88%

(9)アルファベット(グーグル)クラスA 0.82%

(10)バンクオブアメリカ 0.78%

 

4 つみたて新興国株式

新興国の株式市場に連動する投資成果を目指します。

ベンチマークMSCI エマージングマーケットインデックス)

信託報酬:0.3672%

 

組入上位10業種

(1)銀行 17.04%

(2)ソフトウェア・サービス 13.79%

(3)テクノロジー・ハードウェア機器 8.58%

(4)素材 7.42%

(5)エネルギー 6.80%

(6)半導体半導体製造装置 5.49%

(7)電気通信サービス 4.87%

(8)保険 3.71%

(9)食品・飲料・タバコ 3.56%

(10)資本財 3.51%

その他 25.23%

 

組入上位10カ国

(1)ケイマン諸島 15.99%

(2)韓国 15.49%

(3)台湾 11.10%

(4)中国 9.58%

(5)インド 8.81%

(6)南アフリカ 6.88%

(7)ブラジル 6.82%

(8)香港 3.37%

(9)ロシア 3.34%

(10)メキシコ 2.87%

その他 15.75%

 

組入上位10銘柄

(1)テンセント 5.21%

(2)サムスン 4.09%

(3)アリババ 3.48%

(4)台湾セミコンダクター 3.27%

(5)ナスパース 2.13%

(6)中国建設銀行 1.38%

(7)バイドゥ百度) 1.13%

(8)チャイナモバイル 1.08%

(9)IND & COMMEK OF CHINA 1.05%

(10)PING AN INSURANCE(平安保険) 0.96%

 

所感

 

千葉銀行は、銀行のつみたてNISAの商品選択としては、オーソドックスな品揃えです。全て、インデックスファンドでそろえ、20年間で、どの国、どの地域がもっとも経済成長するか、予想が立てられるならば、おのずと商品が決められます。

安全策をとるとすれば、どちらかのバランスファンドを購入すればよいと思います。

初めのうちは、純資産額が小さいので、トラッキングエラーが出るかもしれませんが、長期的には、市場平均の成長が得られます。

また、三菱UFJ国際投信は、証券会社、銀行に多数採用されており、今回のつみたてNISAに積極的に関わっています。つみたてNISAを下支えしている、力持ちと言えるかもしれません。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村