page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






【労働生産性の国際比較】 2017年版 日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国中20位!!?



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

各国の労働生産性を調べてみました。

 

公益財団法人 日本生産性本部のHPから労働生産性の国際比較2017年版を引用します。

 

 

1 労働生産性まとめ

 

2017年12月20日

 

労働生産性の国際比較2017年版

〜日本の時間あたり労働生産性は46.0ドル(4694円)、OECD加盟35カ国中20位〜

  

題名から、ショッキングです。長時間労働が日本を支えている現状は変わらないのでしょうか?

 

2 労働生産性とは 

 

労働生産性とは、

 労働者1人あたりで生み出す成果、あるいは、労働者が1時間で生み出す成果を指標化したもの

 

 労働生産性=(output)/(input)

 

 output = 付加価値額 または 生産量 など

 input = 労働投入量(労働者数 または 労働者数x労働時間)

 

 労働者がどれだけ効率的に成果を生み出したかを定量的に数値化したものであり、労働者の能力向上や効率改善に向けた努力、経営効率の改善などによって向上します。労働生産性の向上は、経済成長や経済的な豊かさをもたらす要因とみなされています。

 

3 労働生産性解説

 

続けます。

 

公益財団法人 日本生産性本部は12月20日、「労働生産性の国際比較 2017 年版」を発表した。現在、政府は「生産性革命」を掲げ、生産性向上に向けた各種の政策を展開している。

そうした中で、日本の労働生産性が国際的にみてどのあたりに位置しているのかを明らかにすることを目的に、データの分析などを行っている。

OECDデータに基づく(時間あたり:引用者加筆)日本の労働生産性は 46.0 ドル(4,694 円)で、OECD加盟 35 カ国中 20 位だった。名目ベースでみると、前年度から 1.2%上昇したものの、順位は変わっていない。

就業者1人当たりでみた労働生産性は 81,777 ドル(834 万円)、OECD 加盟 35 カ国中 21 位と なっている

  

時間あたりの日本の労働生産性が20位程度であることは、管理人も知っていましたが、就業者1人あたりの労働生産性もまた、21位であることは、今回知りました。

時間あたり、一人あたり共に20位前後であることは、人口規模の効果でGDPが大きいということです。

 

 

 

 

4 各指標

 

各指標ごとの概要まとめ記事です。

 

1 日本の時間あたり労働生産性

 

 本の時間当たり労働生産性は 46.0 ドルで、OECD 加盟 35 ヵ国中 20 位。

 

OECD データに基づく2016 年の日本の時間当たり労働生産性(就業 1 時間当たり付加価値) は、46.0 ドル(4,694 円/購買力平価(PPP)換算)。

米国の 3 分の2の水準にあたり、順位は OECD 加盟 35 カ国中 20 位だった。

名目ベースでみると、前年度から 1.2%上昇したものの、 順位に変動はなかった。

主要先進 7 カ国でみると、データが取得可能な 1970 年以降、最下位の状況が続いている。

 

2 日本の1人あたり労働生産性

 

 日本の 1 人当たり労働生産性は、81,777 ドル。OECD 加盟 35 ヵ国中 21 位。

 

・2016 年の日本の 1 人当たり労働生産性(就業者 1 人当たり付加価値)は、81,777 ドル(834 万 円)。

英国(88,427 ドル)やカナダ(88,359 ドル)をやや下回るものの、ニュージーランド(74,327 ドル)を上回る水準で、順位でみると OECD 加盟 35 カ国中 21 位となっている。

 

3 製造業の労働生産性

 

 製造業の労働生産性は 95,063 ドル。主要国中 14 位で過去最低の順位に。

 

・日本の製造業の労働生産性水準(就業者 1 人当たり付加価値)は、95,063 ドル(1,066 万円/為 替レート換算)。

これは、為替レートがこのところ円安傾向に振れている影響が大きく、順 位でみると 1995 年以降では最低(タイ)の 14 位となっている。

 

5 所感

 

 労働生産性OECD35カ国中、1970年頃から、20位前後で安定している(次回グラフを掲載します)ということは、他国との相対評価では、40年間固定しているということです。かなりショックですが現実です。国全体のことなので、個人では如何ともし難いです。

株式インデックス投資をする管理人としては、労働生産性の高い国家、地域に投資するという戦略が、現実的な選択肢です。

 

www.usa-stocks.com

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村