page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






生き方など

児童手当を定期預金にしました。これで将来の貯蓄が増えました。 児童手当の仕組み等諸々など。

児童手当を定期にしました。使う時期が来るまで、別管理で残しておきます。

イノベーションの進展と生産性成長率の関係とは? 2018(H30)年度  年次経済財政白書を読んでみた。(No.18)

生産性向上のためには、教育訓練と新技術導入が効果的です。また、生産性の高い企業が退出していくという、わかりにくい結果が示されています。

児童手当をどう活用するか? どう使うのが最適か?場合分けして、メリット、デメリットを比較

児童手当をどう活用するか?どう使うのが最適か?場合分けして メリット、デメリット、特徴等を比較してみた。

投資を続けよう。節約で無駄な費用を省こう

投資と節約は、家計管理の両輪です。この両輪を生かすことで、クルマの乗り心地(生活の豊かさ)は向上していきます。

イノベーションの進展による労働分配率の変化とは? 2018年 年次経済財政白書を読んでみた。(No.17の2)

労働分配率の変化(低下)が起こっています。注意と対策が必要です。

イノベーションの進展による労働分配率の変化とは? 2018年 年次経済財政白書を読んでみた。(No.17の1)

労働分配率の変化(低下)が起こっています。注意と対策が必要です。

天引き貯金の重要性。余裕をもって投資を続けよう。急な出費に対応するためには?

急な出費に対応できるか?天引き貯金の重要性。いつでも現金化、市況により刻々と価格の変化するもの、期間が決まっていて換金が制限されるものを使いわけよう。

白書の注目点3:新たなイノベーションでの日本の強みと弱みはとは? 平成30年  年次経済財政白書を読んでみた。(No.16)

第4次産業革命の黎明期に、波にのることができるか正念場です。

第4次産業革命の加速への挑戦とは何か? 平成30年度  年次経済財政白書を読んでみた。(No.15)

イノベーションの競争力のまとめです。日本は8位です。

イノベーションへの適合力とは? :組織、人材投資、企業、ルール・制度面の課題(後編) 平成30年 年次経済財政白書を読んでみた。(No.14の2)

イノベーションへの適合力:組織、人材投資、起業、ルール・制度面の課題。(後編)。起業の年齢の低さと教育等について分析しています。

イノベーションへの適合力:組織、人材投資、企業、ルール・制度面の課題(前編) 年次経済財政白書を読んでみた。(No.14の1)

イノベーションへの適合力:組織、人材投資、起業、ルール・制度面の課題。(その1)日本は、人的資本投資の水準が低い。

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題(後編) 年次経済財政白書を読んでみた。(No.13の3)

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題。各国及び、日本の、自前主義、国際連携を行う研究開発、特許取得等の調査結果を提示しています。

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題(中編) 年次経済財政白書を読んでみた。(No.13の2)

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題。各国及び、日本のインターネット普及率、ロボット台数等の国際比較

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題(前編) 年次経済財政白書を読んでみた。(No.13の1)

イノベーションの基礎力:人的資本、知識、技術力、研究開発の課題。各国のAI関連技術(特許関連)の競争力の調査結果

2018年8月から、企業型 確定拠出型年金のつみたてをはじめました。

企業型確定拠出年金の初回の拠出をしました。iDECOではなく、手続きの容易さや、商品のわかりやすさなどで、企業型を選びました。海外株式型パッシブに全額投入です。

原油の生産量と、確認埋蔵量と(一次エネルギー消費量)をしらべてみました。予想通りの国、意外な国

原油の生産量、確認埋蔵量、一次エネルギー消費量を調べました。シェールガス革命あり、石油の一次エネルギーとしての割合の低下あり、現代のエネルギー事情はダイナミックに動いています。

環境プラスチック 採用拡大傾向 レゴやアディダス。プラスチック袋類が使用禁止の場所、地域の例など

環境(植物由来)プラスチック採用拡大や、プラスチック包装袋等の使用禁止のの地域等の例。

企業レベルでみたイノベーションの現状とグローバル競争力。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.12)

イノベーションの定義から説明しています。企業の規模別、業種別の4種類の比較をしています。TOP国は、ルクセンブルク、スイス、ドイツ、カナダなどのようです。

次世代モビリティ・システム、次世代ヘルスケア・システムの動き。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.11)

経産省は、他での発表で、次世代モビリティシステム、次世代ヘルスケア・システム報告をしているためか、かなり大雑把な白書内容になっています。

金融面の変化:FinTech/キャッシュレス化の進展 抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.10)

日本のキャッシュレス化が進まない原因について、グラフを用いて説明しています。

生産面・サービス供給面の改革:AI、IoTとロボティクスの普及 抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.9)

IoT・ビッグデータ等の導入が遅れているようですが、いずれ、爆発的に導入が進むと考えています。世界中(特に先進国)で期待ができる分野です。

シェアリング・エコノミー拡大の予感(電動スケーターのシェアリング急拡大)

シェアリングエコノミーが急拡大していきそうな予感です。電動スケーターの普及に期待します。

集中化が進むプラットフォーム・ビジネスとデータ獲得競争 抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.8)

プラットフォーム・ビジネスの各国の規模等の興味深いグラフがあります。また、インターネットを利用したシェアリングサービスの認知度、利用意向、利用率の米国、ドイツ、日本の比較グラフがあります。

第4次産業革命の進展と経済構造への影響  抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.7)

第4次産業革命についての分析を始める序章です。楽しみに読み進めていきます。

白書の注目点2:人生100年時代には学び直しが大切  抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.6)

人生100年時代の、学び直しについて書いています。直接的な、収入、就業の可能性の効果について説明しています。

唐詩選より 鹿柴(ろくさい) 王維

唐詩選より、美しい詩を紹介します。有名な詩です。王維の鹿柴です。

【徒然草】 第五十五段 夏が快適になるように、家を建てよう

徒然草の五十五段です。家は、夏仕様に建てよう。現代にも通じるものがあります。

企業における人的資本投資の効果 抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.5)

企業における人的資本投資の効果を引用しました。様々な切り口から、人的資本投資の有効点を、グラフを適度に使いながら、わかりやすく説明しています。

技術革新に対応したスキル習得の推進 抜粋。 年次経済財政白書を読んでみた。(No.4)

技術革新に対応したスキル習得の推進という題名ですが、IT化の話が重になっています。IT化で、世界のリーダーになろうとするのは、現時点で米国、中国に遅れを取っているので、追いつくは容易ではありません。文部科学省と組んで対策を練る問題点だと思いま…

徒然草 第十三段 ひとり、燈のもとに文をひろげて

古典は、歴史の評価を乗り越えて、読まれ続けているだけあって、味わい深いものです。今回は、内容ではなく、共感を感じた段を紹介いたします。