page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ETF 投資信託

【おすすめ投資方法】おすすめは、つみたてNISA枠で長期間投資で資産形成。

少額でのおすすめの投資方法は、つみたてNISA口座を利用して、時間をかけてじっくり待つ投資方法です。自分が考えた世界経済状況になっているかをトレースしながら、少しずつ資産形成をしていく方法をお勧めいたします。

【つみたてNISA比較】三井住友銀行(SMBC)は、厳選3種類。選びやすい

三井住友銀行のつみたてNISAは、厳選3種類に絞り込んでいる。選択肢を絞り込んで、商品の違いをわかりやすく際立たせる販売方針です。

【つみたてNISA比較】【三菱UFJ銀行】12商品設計が選びやすくおすすめ。わかりやすい。1年リターンを調査!ひふみも採用

三菱UFJ銀行のつみたてNISAの開始後、1年間の成長を調べました。各カテゴリーにおいて、抜けなく、だぶりなく、対象ファンドが選び抜かれており、この中から、投資対象を決めることができます。

【つみたてNISA比較】ゆうちょ おすすめ 開始から1年間のリターンを調査!株式型 バランス型

ゆうちょ銀行のつみたてNISAを、開始から一年間の成長を調べました。純資産額は順調に成長中です。いずれのファンドも、6ヶ月、1年間のリターンはマイナスですが、じっくり保持することが得策だと思われます。

日本株式(TOPIX連動)投信を全解約。早逃げが勝ち

TOPIX連動投信を売り切りました。これからは、米国株式を軸に据えて、将来の世界経済全体の果実を得ることにします。

高配当株狙い。確かな利益が積み重なり、資産の増大が見込める方法

高配当株式は、配当再投資することにより、リターンを増大させることができます。管理人は、高配当株式を長期保有することで、大きな果実を得ようと思っています。

米国株式・ETFの配当と分配金まとめ(2018年)

2018年の配当金・分配金をまとめました。新規資金投入、配当再投資を通じて、資産形成を続けます。

米国株式、 ETFの保有額を整理してみた(2018年12月31日)。

米国ドル建ての保有株金額をまとめてみました。まだまだ少額です。12月は、大暴落の影響で、全銘柄が前月比でマイナスでした。

いまいちなパフォーマンスのVYMを注文中

VYMを発注しました。大きな実りを得るための種まきの開始です。

つみたてNISAが健闘中。積立分散購入の効果発揮!! 現在のつみたてNISAの保有額公開

つみたてNISA口座をほったらかしにしていたら、思いの外、大健闘していた。積立の効果に今後も期待します。

ESG(環境・社会・企業統治)のETF iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF

ESG(環境・社会・企業統治)の重点投資のETFを調べてみました。

世界の大企業の時価総額順位:VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック  ETF)から見た時価総額順位

VTを、バンガードの資料から引っ張ってきて、時価総額の順位と比率を調べました。米国株式圧勝の様子がよくわかります。

米国株式の時価総額順位:VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケット  ETF)の銘柄より

VTIを、バンガードの資料から引っ張ってきました。VOOと比較すると、セクターの比率が若干異なっています。

VOO(バンガード・S&P500 ETF)

VOOを、バンガードの資料から引っ張ってきました。株式ポートフォリオの核にしたいETFです。

米国株式、 ETFの保有額を整理してみた(2018年11月30日)。NYダウ30銘柄で個別投資。

米国ドル建ての保有株金額をまとめてみました。まだまだ少額です。10月は、我慢の月でした。

VHT(バンガード・米国ヘルスケアセクターETF)は、中長期で発展が見込まれるセクターだと思います。

VHTを、バンガードの資料から引っ張ってきました。ヘルスケアは今後大きく発展するセクターだと思っていますので、有用なETFだと思います。

VDC(バンガード・米国生活必需品セクターETF)は高配当株式が多く、魅力的です。

米国株式市場が軟調になる中で、VDCを検討してみました。高配当株式がおおく、また、生活必需品であるため、株価下落局面では、良好な成績を残す可能性があります。

HDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)は、高配当集中投資型ETF

HDVは、組入銘柄が、名称通り、まさに高配当狙いです。

VIG(バンガード・米国増配当株式ETF)で株式暴落を和らげられないか

米国株式市場が軟調になる中で、資本財組入比率が31%にもなっているので、クッションにはならないように思います。

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)を、軟調時のクッションとして買い増し検討中

米国株式市場が軟調になる中で、VYMの購入を検討中です。

ETFの保持割合を増やし、銘柄分散を計画中

ETFにより、少しずつ、銘柄の分散を図っていきたい。

日本株式投信の残高を名目GDP比率に近づけていく計画中。

世界のGDP比率に合わせた、日本株式投信への減少計画

【iDeCo】個人型確定拠出年金を始めました(楽天証券)。理想的と思える配分にしてみた。

楽天証券でiDeCoを始めました。

【つみたてNISA】の投資銘柄を最適化しました。

【つみたてNISA】の投資銘柄を最適化しました。

自分の知識が深い企業の株式を購入するという選択肢は危険??

個別株の投資は、当たりはずれがダイレクトに跳ね返ってきますので、知識の過信が思わぬ失敗を招くことがあります。対策は何でしょうか?

米国株式、 ETFの保有額を整理してみた(2018年10月26日)。NYダウ30銘柄で個別投資。

米国ドル建ての保有株金額をまとめてみました。まだまだ少額です。10月は、我慢の月でした。

【つみたてNISA】 百五銀行(国内33位)の計8種類を紹介。8種揃える銀行は珍しい。大和のiFreeで統一。

百五銀行のつみたてNISAの対象ファンドのうち、国内株式型を調べてみました。iFree シリーズを、8種類を採用しています。

TOPIX連動投信を少しずつ売り続けていく方針

インデックス連動投信は、今が売りの絶好のタイミングではないかと思う。現金化して他用途に使用する方針。

【つみたてNISA】 中国銀行(国内25位) インデックス型が3種類。各ファンドは、特徴が明確であるが、他の金融機関と異なる独特な商品構成。個性的。

中国銀行に口座をお持ちの方は、3ファンドから選べば、値動きもわかりやすく、良いのではないかと思います。証券会社の敷居が高いと感じている、あるいは、つみたてNISAだけでの資産形成をお考えの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

【つみたてNISA】国内20位・西日本シティ銀行の全4種類。商品の特性バランスに配慮した構成。

西日本シティ銀行は、商品特性のバランスに配慮した商品構成で、全4商品。銀行のつみたてNISAの品揃えとしては平均的です。大和証券投資信託委託のiFreeシリーズです。