page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






つみたてNISAとは? おさらいです。 つみたてNISAで積立する予定の投資信託をきめました。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

2018年1月から、つみたてNISAが始まるのに備えて、NISA口座からつみたてNISA口座に変更する予定です。

 

つみたてNISAとは

 

ここで、つみたてNISAと、現状NISAの比較を、まとめてみます。

 

       つみたてNISA  NISA

非課税投資額 40万円/年  120万円/年

非課税期間  最大20年間  最大5年間

 

口座開設期間 2037年まで  2023年まで

非課税投資額 最大800万円 最大600万円

対象商品   投資信託   上場株式、

       ETFのみ   ETF投資信託

       金融庁指定  海外株式も可

       約100本   

 

つみたてNISA、NISAは、同時には使用できず、その年毎にどちらか選ぶ必要があります。また、つみたてNISA、NISAは、現状の特定口座のように、損益通算はできません。

 

現状NISAは、対象商品の範囲が広かったのですが、つみたてNISAは金融庁の指定の投資信託ETFのみです。その投資信託は、アクティブファンドが十数本と、その他は、インデックスファンドです。

 

楠木山人の予定

つみたてNISAか現行NISAのどちらを選ぶか

 

さて、楠木の現時点での予定は、先ほど、書きましたように、現状NISAからつみたてNISAに変更予定です。

 

まず、現状のNISA(120万円/年。10万円/月)では、楠木の年間投資可能額では、余ってしまう。つみたてNISA(40万円/年。3.3万円/月)が程よい程度。

 

運用期間が長い方が、複利の効果が出やすいため、最大20年間非課税は魅力的。(ただし、最大20年間。最後は、2037年開設し、2057年に終了。)

 

従来から、インデックスファンドの積立購入をしてきたので、投資スタイルに適合している。

などの理由です。

 

SBI証券で、つみたてNISA口座を開設しました。

 

つみたてNISA購入予定の投資信託は? 

 

投資予定は、

1 楽天・全米株式インデックスファンド

2 ニッセイ <購入換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド

3 楽天・全世界株式インデックスファンド

 

1 楽天・全米株式インデックスファンド

(1)アップル(2.7%)

(2)マイクロソフト(2.2%)

(3)フェイスブック(1.5%)

(4)アマゾン(1.5%)

(5)ジョンソンエンドジョンソン(1.3%)

 

2 ニッセイ <購入換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド

(1)アップル(2.5%)

(2)マイクロソフト(1.7%)

(3)アマゾン(1.3%)

(4)フェイスブック(1.2%)

(5)ジョンソンエンドジョンソン(1.1%)

 

3 楽天・全世界株式インデックスファンド

(1)USドル現金(1.7%)

(2)アップル(1.6%)

(3)マイクロソフト(1.1%)

(4)フェイスブック(0.8%)

(5)アマゾン(0.8%)

 

 

1 楽天・全米株式インデックスファンド

  信託報酬 0.1696%程度

 

  楽天・全米株式インデックスファンドは、下のバンガード トータルストックマーケット ETF を投資対象としていますので、(トラッキングエラーがなければ)値動きは同じになります。

 

 6ヶ月 チャート

楽天・全米株式インデックスファンドの基のバンガード・トータルストックマーケットETFの6ヶ月間の株価チャート

 

 10年チャート

楽天・全米株式インデックスファンドの基のバンガード・トータルストックマーケットETFの10年間の株価チャート

 

 

 

2 ニッセイ <購入換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンド

  信託報酬 0.20412%以下

ニッセイ外国株式インデックスファンドの基準価額の推移チャート

 

3 楽天・全世界株式インデックスファンド

 信託報酬 0.2396%程度

 

  楽天・全世界株式インデックスファンドは、下記のバンガード トータル ワールド ストック ETF を投資対象にしており、値動きは(トラッキングエラーがなければ)同じです。

 

6ヶ月チャート

楽天・全世界株式インデックスファンドの基のバンガード・トータルワールドストックETFの10年間の株価チャート

 

10年チャート

f:id:kusunokiyama:20171211173308p:plain

 

 

です。米国株式が3重で投資していますが、理由は、米国株式市場の公平性、安定性、成長性が優れていると感じており、また、米国の人口、人口分布(労働者割合)などを考えると、この先、30年は魅力的な市場です。

新興国は、政府の介入有無や、市場の安定性や、規模から考えて、まだ、投資先としては、未成熟なのではないかと、考えています。

購入金額割合については、楽天・全米株式インデックスファンドを軸に、検討中です(2:1:0.3 程度?)。

 

 

www.usa-stocks.com

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。楠木山人。