page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ダウ30の3 プロクター&ギャンブル(PG)の2017年業績。高配当なるも業績もたつき気味。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2018年第3四半期決算

 

プロクター・アンド・ギャンブルの18年第3四半期純利益は0.4%減

 プロクター・アンド・ギャンブルが2018年4月19日に発表した18年第3四半期(1月1日-3月31日)決算(米国会計基準)は、売上高162億8100万ドル(前年同期比4.3%増)、純利益25億1100万ドル(同0.4%減)、1株当たり利益は0.95ドルだった。

【18年第3四半期実績】
売上高 162億8100万ドル(4.3%増)
営業利益 32億9600万ドル(1.9%減)
当期純利益 25億1100万ドル(0.4%減)
1株当たり当期純利益 0.95ドル

( )内は前年同期比

 

2 2017年6月末決算

 

1 業績概要

2016年7月から2017年12月期は、全体に価格安いが、事業整理が奏功し、美容など数量増。ドル安の恩恵。営業微増益。ただ、一時的な税制改革に伴う費用で純益は半減した。2018年6月通期は為替恩恵、合理化効果で営業微増益の見通し。

  

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

NYダウ30、S&P100、S&P500、ラッセル1000、S&Pグローバル100

 

S&P格付け

AA-

 

同業種内順位(全37社)家庭用品・パーソナル用品

時価総額>1位

<売上高>1位

 

<ライバル企業>

Unilever、Kimberly-Clark、Colgate-Palmolive、The Estee Lauder Co.s

 

同業種の日本企業:花王、ライオン、ユニ・チャーム資生堂 

 

<テーマ>

連続増配(61年)

 

<ブランド>

アリエール(洗剤)、ファブリーズ(消臭剤)、パンテーン(ヘアケア)、SKーⅡ(機能化粧品)、パンパース(ベビー用品)、ジレット(髭剃り)

 

<株主構成>

機関投資家(62.2%)

事業会社(0%)

個人・役員(0%)

その他一般株主(37.6%)

 

<事業構成>

Fabric&Home Care(ファブリック、ホームケア)(31.8)

Baby,Feminine&Family Care(ベビー・女性・ファミリーケア)(28.1)

Beauty(美容)(17.6)

Health Care(ヘルスケア)(11.6)

Grooming(グルーミング)(10.2)

Corporate(法人向け)(0.8)

 

<地域別売上高>

米国(41.9)、海外(41.9)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益

希薄化後

1株益

1株配
12          
13 80116 14125 11312 3.86 2.29
14 74401 13910 11643 4.01 2.45
15 70749 13077 7036 2.44 2.59
16 65299 14361 10508 3.69 2.6582
17予          
17 65058 14685 15326 5.59 2.6981
18予 67022 14767 11213 4.20 2.8158
19予 69070 15571 11920 4.54 2.97472
20予 71331 16482 12634 4.86 3.17516

 

利益がもたついています。2018年以降は漸増の予測です。

また、配当性向は、75%程度に上昇する見通しですが、まだ余裕があります。

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率 1株株主資本 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 129495 62419 50.0 24.45     29646 99849 29790 37286
16 127136 56303 44.29 21.10 642 30598 33782 93354 30770 39025
17 120406 54178 45.00 21.22 594 31592 26494 93912 30210 35012

  

 流動比率=87.7%。120%どころか、100%を切っているので要注意です。

  

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発
16          
17予          
17 27.74 11.86 3415 2877 -
18予 20.70 12.26 3535 2804 -

 

ROEが、純利益が減少し、2018年予測は大きく減少。

ただ、ROAが、5%以上あり、増加予想なので良好。

 

PER

2017年実績 15.58

2018年予想 16.64。

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 21.22

2018年予想 21.91

すごい値です。 

 

発行済株式数(100万株)

2016年 未調査

2017年 2553.297

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 14608 -2891 -13019  不明 11717 22.4
16 15435 -5575 -9213 7102 9860 23.6
17 12753 -5689 -8568 5569 7064 19.6

 

キャッシュフローマージンが15%を越えているので、優良企業ですが、減少気味なのが気にかかります。

営業CF、フリーキャッシュフローも減少中です。

 

プロクター&ギャンブルの10年株価チャート

 

プロクター&ギャンプルの10年株価チャート

 

プロクター&ギャンブルの5年株価チャート

プロクター&ギャンブルの5年株価チャート

  

所感

 

業績が低迷しているようです。調子悪そうですが、61年増配企業なので、株取得の方向でチャンスを待ちます。

チャートを見ると、3年ぶりの買い時なので、チャンスを逃さないようにします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村