page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ダウ30まとめ これを選んだ NYダウ銘柄から、投資先を選んでみた。30銘柄だが、セクター毎の特色があり、興味深い。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 個別銘柄投資を始めたい

 

1 NYダウ30種の銘柄から選んでみよう

 

個別株を選ぶのにどうしたらよいかと思っていましたが、単純にNYダウ採用銘柄から、10銘柄を選ぶことにしました。現在は、ジョンソン・エンド・ジョンソンと、コカ・コーラを少額保有しています。 

 

ランダムウォーク派なのですが、多少情報を集めて、選り好みすることに致しました。

 

2 NYダウの銘柄の一覧表 

 

2018年5月6日現在の構成銘柄

並び順は主に、S&Pの格付け上位から下位に並べました。  

 

採用銘柄(仮) ティッカー 社名 業種 配当利回り 連続増配 S&P格付け 営業CFマージン 営業CFー純利益
MSFT マイクロソフト ソフトウェア・サービス 1.77 16 AAA 43.9
 ○ JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 医薬・バイオ・ライフサイエンス 2.67 55 AAA 27.5 +
→△ AAPL アップル ハードウェア・情報機器 1.46 6 AA+ 27.7
 →○ XOM エクソンモービル エネルギー 4.25 35 AA+ 12.6
△→○  PFE ファイザー 医薬・バイオ・ライフサイエンス 3.73 8 AA 31.3
→x  MRK メルク 医薬・バイオ・ライフサイエンス 3.49 7 AA 16.1
 →x WMT ウォルマート・ストアーズ 食品・生活必需品小売 2.41 45 AA 5.7
 △→△ CSCO シスコシステムズ ハードウェア・情報機器 2.70 7 AA- 28.9
KO コカ・コーラ 食品・飲料・タバコ 3.51 55 AA- 20.1

 ○

MMM スリーエム 資本財 2.26 60 AA- 19.7
 ○ PG プロクター・アンド・ギャンブル 家庭用品・パーソナル用品 3.53 61 AA- 19.6
 →x CVX シェブロン エネルギー 3.84 30 AA- 16.1
 →△ NKE ナイキ 耐久消費財・アパレル 1.16 16 AA- 10.6
 △→x V ビザ ソフトウェア・サービス 0.68 10 A+ 50.2

 △→x

INTC インテル 半導体半導体製造装置 2.25 10 A+ 35.2
→x DIS ウォルトディズニー メディア 1.62 8 A+ 22.4
→○ IBM IBM ソフトウェア・サービス 3.87 22 A+ 21.1
→△  UNH ユナイテッドヘルス・グループ ヘルスケア機器・サービス 1.41 8 A+ 6.8
 →x BA ボーイング 資本財 1.96 7 A 14.2
→x TRV トラベラーズ 保険 2.13 13 A 13.0
 →x CAT キャタピラー 資本財 2.06 24 A 12.5
→x HD ホームデポ 小売 2.26 8 A 11.9
→x  GE ゼネラル・エレクトリック 資本財 3.72 0 A 8.6
 →x UTX ユナイテッド・テクノロジーズ 資本財 2.22 24 A- 9.4
 →x JPM JPモルガン・チェース 銀行 2.11 7 A- -2.7
 →△ AXP アメリカン・エキスプレス 各種金融 1.52 6 BBB+ 44.4
 →x MCD マクドナルド 消費者サービス 2.60 42 BBB+ 24.3
 →x VZ ベライゾン・コミニュケーションズ 電気通信サービス 4.91 13 BBB+ 20.1
 →x GS ゴールドマン・サックス 各種金融 1.17 7 BBB+ -55.3
→x  DWDP ダウ・デュポン 素材 2.34 0 13.9

 

3 表を見ながら選んだまず保有したい5銘柄

            

○印が5銘柄。(ほぼ決定)

(ある程度の金額にするには、管理人の収入では、5銘柄程度で限界。宝くじでも当たれば、追加の5銘柄も検討する) 

 

1 マイクロソフト (2018年5月に購入済み)

2 ジョンソン・エンド・ジョンソン (2017年購入済み)

3 コカ・コーラ  (2017年購入済み)

4 プロクター・アンド・ギャンブル (2018年5月に購入済み)

5 スリーエム   (2018年5月に購入済み)

 

4 資金に余裕を作れれば、保有したい5銘柄

 

△ 印が5銘柄。(つぎに投資するには適当かなとおもった銘柄)

 

6 ファイザー (2018年5月購入済み)

 

7 シスコシステムズ

8 ビザ

9 インテル

10 アメリカン・エキスプレス (検討中)

 

5 その他のダウ銘柄(順次、追加中)

 

11 マクドナルド  (2018年5月考慮中。) 

12 ウォルト・ディズニー

13 ベライゾン・コミュニケーションズ

14 メルク

15 ウォルマート 

16 ナイキ (△銘柄。株価値下がり時を狙って、買い)

17 ユナイテッドヘルスグループ (検討中。△)

18 エクソンモービル  (2018年6月購入)

19 キャタピラー

20 IBM    (購入を検討中。2018年決算による)

21 ホームデポ

22 アップル (しばらく様子見します)

23 トラベラーズ

24 シェブロン 

25 ゼネラルエレクトリック

26 ユナイテッド・テクノロジーズ 

27 ダウ・デュポン 

28 JPモルガン・チェース

29 ゴールドマン・サックス

30 ボーイング 

 

2 所感

 

選び方は、配当利回り順でもなく、増配連続年数でもなく、格付け順でもなく、CFマージンの順でもなく、気をつけたといえば、セクターの偏りが小さくなるように、なんとなくの勘で、決めました。適宜、業績の詳細を調べていきます。

 

(2018年5月16日追記)

  本日、改めて見ると、銘柄検討がディフェンシブ株に偏り過ぎていました。他のセクターも順次、調べていきます。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村