page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ダウ30の11 ウォルト・ディズニー(DIS)の2017年業績停滞気味。2018年は回復予定



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2018年第2四半期の業績

 

ウォルト・ディズニー<DIS>が5月8日に発表した18年第2四半期(12月31日-3月31日)決算(米国会計基準)は、売上高145億4800万ドル(前年同期比9.1%増)、純利益29億3700万ドル(同23.0%増)、1株当たり利益は1.95ドルだった。

【18年第2四半期実績】

売上高 145億4800万ドル(9.1%増)

営業利益 -

当期純利益 29億3700万ドル(23.0%増)

1株当たり当期純利益 1.95ドル

 

( )内は前年同期比

 

2 2017年9月末決算

 

1 業績概要

2017年9月期は、上海開業などパーク好調。しかし、主力の放送がネットに顧客が流れ、映画やライセンス商品も反動減。高水準の制作費が負担で営業益反落。2018年 9月期はメディア先行投資だが、パークが補う。税恩恵の好影響で純利益回復か。 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

ダウ30、S&P100、S&P500、ラッセル1000

 

S&P格付け

A+

 

同業種内順位(全78社)(メディア)

時価総額>2位

<売上高>2位

<同業種内時価総額1位>Comcast

 

<ライバル企業>

Comcast,Twenty-First Century Fox,Time Warner,Netflix

 

同業種の日本企業:任天堂、サンリオ、東宝東映

 

<テーマ>

キャラクター・コンテンツ、再編

 

<ブランド>

ABC(TVネットワーク)、ESPN(スポーツ放送)、DISNEY RESORT(テーマパーク)、DISNEY STORE(小売店舗)

  

<株主構成>

機関投資家(63.9%)

事業会社(0%)

個人・役員(4.3%)

その他一般株主(31.6%)

 

<事業構成>

Media Net works-Cable Networks(30)、Parks and Resorts-Domestic(26.9)、Studio Entertainment(15.2)、Media Networks-Broadcasting(12.7)

 

<地域別売上高>

米国・カナダ(76)、欧州(11.9)、アジア太平洋(9.2)、ラテンアメリカ・その他(3)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益

希薄化後

1株益

1株配
12 42278 8984 5682 3.13 0.75
13 45041 9450 6136 3.38 0.86
14 48813 11540 7501 4.26 1.15
15 52465 13289 8382 4.90 1.37
16 55632 14460 9391 5.73 1.49
17予 55965 15242 9218 5.83 1.60661
17 55137 13988 8980 5.69 1.62
18予 58576 15344 10643 7.05 1.6754
19予 60956 15762 11303 7.72 1.85089
20予 62969 16572 11547 8.18 1.97134

 

業績は極めて好調です。利益率も申し分ありません。しかし、配当性向がわずか28.5%(2017年実績)

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 88182 44525 50.49 26.81 4130 17336 16758 71424 16334 27323
16 92033 43265 47.01 27.09 4058 20170 16966 75067 16842 31926
17 95789 41315 43.13 27.23 4837 25291 15889 79900 19595 34879

  

 流動比率=81%(2017年)。2015年、2016年は100%を超えているが、資金繰りは大丈夫なのか。現金商売だからか??

業績が良かっただけに、目が覚めた。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発
16 21.39 16.05 4816 2459
17予 21.31 16.56 4158 2728
17 21.23 14.89 4134 2738 -
18予 25.76 16.02 4428 2800 -

 

 ROEが20%以上を維持し、ROAは15%前後であり、資本、資産を有効活用しています。

 

PER(変動しますが、ここでは、9月末で比較しています)

2016年実績 16.21

2017年予想 16.80

2017年実績 17.32

2018年予想 14.70

 

PERが16から17%なので、少々お買い得銘柄か?

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 27.23

2018年予想 30.59

 

資産を多く持っています。これまで積み上げてきた会社の歴史の重みを感じます。

 

発行済株式数(100万株)

2016年 1597

2017年 1517

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 11385 -4245 -5801 4269 7140 21.70
16 13136 -5758 -7220 4610 7378 23.61
17 12343 -4111 -8959 4017 8232 22.39

  

ウォルト ディズニーの10年株価チャート

ウォルト ディズニーの10年間の株価チャート 2008年から2018年

 

ウォルト ディズニーの6ヶ月株価チャート

ウォルト ディズニーの6ヶ月間の株価チャート もたつき気味です。

 

 

所感

直近の3年間(2015年から2018年)は、株価停滞中です。6ヶ月間を拡大してみましたが、ボックス圏での値動きになっており、妙味がありません。

更に業績の良い企業を探すため、今回は、購入見送りです。

  

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。