page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






恥をかき、失敗しながら成長していくこともある。徒然草 第百五十段より



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

株式初心者ながら、調べ、思い、考えながら、購入銘柄を決めています。本を読んで、現在の経済状態の見通しを想定し、株式を買って、実践していくつもりです。

投資方針は、「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。」(徒然草第百十段)です。

 

今回は、徒然草 第百五十段から

 

第百五十段

 

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

 

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀(そし)り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨(こつ)なけれども、道になづまず、濫(みだ)りにせずして、年を送れば、堪能(かんのう)の嗜まざるよりは、終(つひ)に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。

 

天下のものの上手といへども、始めは、不堪(ふかん)の聞(きこ)えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埓(ほうらつ)せざれば、世の博士(はかせ)にて、万人の師となる事、諸道(しょだう)変わるべからず。

 

 

・能:ここでは、芸能一般。現在の能は、室町に完成されたため。

 

・「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。」:上手にできないうちは、なまじっか、人に知られまい。

 

・「うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」:人に知られぬように、こっそりと、すっかり習得して、人前に出てやってみせたのは、たいへん奥ゆかしいことだろう。

 

・堅固:全然。いっこうに。「かたほなるより」は、芸が未熟なうちから。

 

・天性(てんぜい)、その骨なけれども:うまれつき。「骨」、即ち対象の本質をとらえる心の働きがなくとも。

 

・道になずまず、濫りにせずして:芸道において停滞せず、わがまま勝手せずに。

 

・上手の位に至り:世間から名人・上手と認められる境地に達し。

 

・無下の瑕瑾もありき:ひど過ぎる恥辱もあったのだ。

 

・世の博士にて:天下に知られた大家として。

 

 

第一歩を踏み出し、広い荒野に出ていくことが、いかに大変か!

ブログを書いていると、知識、経験豊富な人から見れば、無知なことをしているように思われているかもしれませんが、自分なりに経験を積むことは、自分自身のために有益だと思っています。

 

管理人は、ギターを弾きますが、下手は下手なりに練習、努力して、発表会に出ています。

 

www.usa-stocks.com

  

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村