page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






米国ダウ30の25 ユナイテッドテクノロジーズ(UTX)の2017年業績一時足踏み。2018年以降は改善の見通し



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年12月末決算

 

1 業績概要

2017年は空調・セキュリティーが増勢。ただ、航空機エンジンは利益率が低下し、足を引っ張った。税制改正の一時的な費用も重荷。2018年は各部門とも底堅い見通し。航空機は統合効果に期待。

 

(企業概況)

機械機器メーカーのコングロマリット。エレベーター・エスカレーターのOtis、空調・セキュリティのUTC Climate、民間・軍用航空機エンジンのPratt & Whitney、民間ジェット機向けシステムのUTC Aerospaceが中核会社。

 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

ダウ30、S&P100、S&P500、ラッセル1000、S&Pグローバル100

 

S&P格付け

Aー

 

同業種内順位(全311社)(資本財)

時価総額>5位

<売上高>3位

<同業種内時価総額1位>The Boeing

 

<ライバル企業>

GE Aviation Systems,Raytheon,Northrop Grumman,Rolls Royce Holdings,Honeywell International

 

 同業種の日本企業:三菱重工業川崎重工業、住友重機械

 

<テーマ>

新安全保障

 

<ブランド>

Pratt & Whitney(航空機エンジン)、Otis(エレベーター)

  

<株主構成>

機関投資家(76.8%)

事業会社(0%)

個人・役員(0%)

従業員持ち株(6.9%)

その他一般株主(16%)

 

<事業構成>

UTC Climate,Controls & Security(29.8)、Pratt & Whitney(27)、UTC Aerospace System(24.6)、Otis(20.6)、Eliminations and Other(▲1.9)

 

<地域別売上高>

米国(56.7)、欧州(19.9)、アジア太平洋(14.7)、Eliminations and Other(0)、その他(8.8)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益

希薄化後

1株益

1株配
12 57708 7481 5130 5.66 2.03
13 56600 7919 5721 6.25 2.195
14 57900 9225 6220 6.82 2.36
15 56098 8005 7608 8.62 2.56
16 57244 8083 5055 6.12 2.62
17予 59363 8733 5243 6.58 2.73345
17 59837 7903 4552 5.70 2.72
18予 63558 8760 5648 7.07 2.8904
19予 67444 9612 6260 7.85 3.11032
20予 71473 10333 6771 8.58 3.49639

 

2017年実績は、予想よりも、営業利益、純利益共に下回った。

2017年の配当性向は47.7%。まだ、配当余力があります。連続増配は24年間です。

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 87484 27358 31.27 32.63 1608 20425 26706 60778 22618 37508
16 89706 27579 30.74 34.10 1886 23901 28550 61156 21906 40221
17 96920 29610 30.55 37.05 1942 27485 32858 64062 24391 42919

  

 流動比率=134%。自己資本比率は、30%を超えており良好です。資産も多く問題ありません。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発
16 18.40 9.12 1661 1924 2337
17予 19.01 9.74 1800 2057
17 15.92 8.47 1792 2055 2387
18予 19.08 9.04 1870 2210 -

 

ROEは20%をきっており、ROAも10%をきっているため、株主資本、資産を生かしきれていません。

 

  

PER(変動しますが、ここでは、12月末で比較しています)

2016年実績 17.92

2017年予想 16.70

2017年実績 22.38

2018年予想 18.40

 

PERは、17、18%程度で平均的です。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 37.05

2018年予想 40.48

 

資産を積み上げてきた業績の積み重ねが大きいです。

  

発行済株式数(100万株)

2016年 808.701

2017年 799.130

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 6383 6206 -10785 7075 12589 11.38
16 3880 -2503 -1188 7157 1377 6.78
17 5631 -3019 -993 8985 2612 9.41

 

 営業CFマージンが10%を下回っています。儲けは、特別良好な部類ではありません。

 

ユナイテッド・テクノロジーズの10年株価チャート

f:id:kusunokiyama:20180603220039p:plain

 

 

ユナイテッド・テクノロジーズの6ヶ月間株価チャート

f:id:kusunokiyama:20180603220236p:plain

 

株価の値上がりは10年間で2.5倍です。しかし、6ヶ月間は冴えず、下げ方向です。 

 

 

 2 所感

財務は良好ですが、儲けが少ないのが玉にキズです。配当利回りが2.2%なので、最近の利回り上昇局面で、株価が冴えません。

更に業績の良い企業を探すため、今回は、購入見送りです。

  

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村