page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






米国ダウ30の29 ボーイング(BA)の2017年業績絶好調。2018年業績以降も好調が続く見通し。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年12月末決算

 

1 業績概要

2017年通期は主柱の民間機、防衛・宇宙ともに前半の低調響く。後半は主力機のB−737の納入等等増えるが、及ばず減収。ただコスト削減、開発費抑制など功を奏し、大幅増益。2018年はBー737中心に民間機が810機程度の納品計画。民間機、防衛・宇宙ともに増収で、コスト増えても増益の見込み。

 

(企業概況)

世界最大の航空機メーカー。民間および軍用機、電子防衛システム、ロケットエンジン人工衛星等を製造。1997年にマクドネル・ダグラスを買収し巨大化。民間機は欧州エアバスと市場を二分する。貨物機では世界シェア9割。軍用機は2位だが、採算性高い民間機へ軸足。2017年に大型ジャンボの747から撤退決断し、小型機シフトの動きを強化。

 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

ダウ30、S&P100、S&P500、ラッセル1000

 

S&P格付け

A

 

同業種内順位(全311社)(資本財)

時価総額>1位

<売上高>2位

<同業種内時価総額1位>The Boeing

 

<ライバル企業>

Airbus,BAE Systems,Bombardier,Embraer SA,Lockheed Martin

 

同業種の日本企業:三菱重工業川崎重工業

 

<テーマ>

旅行

 

<ブランド>

ボーイング737(民間小型ジェット機)、ボーイング777(民間大型ジェット機)、AH-64アパッチ(軍用ヘリコプター)

  

<株主構成>

機関投資家(72%)

事業会社(0%)

個人・役員(0%)

従業員持株会(7)

その他一般株主(20.8%)

 

<事業構成>

Commercial Airplanes(60.7)、Defense,Space & Security(22.6)、Global Service(15.7)、Unallocated Items,Eliminations and Other(0.7)、Boeing Capital(0.3)

 

<地域別売上高>

米国(45.3)、中東(13.2)、中国(12.8)、欧州(12.3)、アジア(中国除く)(9.5)、カナダ(2.4)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益

希薄化後

1株益

1株配
12 81698 6018 3900 5.11 1.76
13 86623 6328 4585 5.96 1.94
14 90762 7196 5446 7.38 2.92
15 96114 7170 5176 7.44 3.64
16 94571 6773 4895 7.61 4.36
17予 91978 9842 6089 9.99 536714
17 93392 10053 8197 13.43 5.68
18予 96920 11474 8472 13.73 6.64456
19予 102265 12683 9493 16.21 7.54677
20予 109302 14595 10379 19.04 8.67143

 

2017年実績は、予想よりも、売上高、営業利益、純利益の全てが、当初予想よりも増加した。2018年以降も業績堅調がつづく見通しです。

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 94408 6335 6.71 9.50 62 9964 68234 26174 50412 37661 
16 89997 817 0.91 1.32 60 9952 62488 27509 50134 39046
17 96920 355 0.38 0.60 57 11117 85194 27168 74648 36058

  

自己資本自己資本比率が異常に少ない。 よく分からない。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発
16 136.88 7.35 2741 1890 3392
17予 745.36 10.94 2025 1945
17 1398.81 11.03 1968 1985 3179
18予 2386.65 12.43 2213 2092 -

 

ROEが1000以上。どういう計算でROEが、1000を超えているのか不明

 

  

PER(変動しますが、ここでは、12月末で比較しています)

2016年実績 20.46

2017年予想 24.09

2017年実績 21.96

2018年予想 24.67

 

PERは高めです。安易に購入しないほうが良さそうです。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 0.60

2018年予想 −3.02

 

資産が少ないことは、経営が不安定なのか?それとも、経営状況は良好なのか?。

  

発行済株式数(100万株)

2016年 617.151590

2017年 591.038830

 

(合併の影響で、発行済株式数が約2倍になっています。)

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 9363 -1846 -7920 11302 7517 9.74
16 10499 -3380 -9587 8801 7119 11.10
17 13344 -2065 -11350 8813 11282 14.29

 

 営業CFマージンが10〜15%です。魅力が薄いです。

 

ボーイングの10年株価チャート

 

ボーイングの10年間株価チャート。10倍株です。素晴らしい株価上昇です。

 

ボーイングの6ヶ月間の株価チャート

株式市場が不安定なこの6ヶ月でも、株価が上昇しています。

 

 

 ボーイングは、10年間で株価10倍になっています。(テンバガー)

直近6ヶ月も、上昇トレンドです。

 

 

 2 所感

業績は申し分ありません。絶好調です。

しかし、意味がよく分からない経営数値がありますので、念のため、、購入対象から外しておきます。

  

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村