page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






マコーミック(MKC)香辛料1位。連続増配32年。2017年業績売上高増、営業利益増、純利益減。2018年以降は持ち直し、増収増益になる予想。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年11月末決算

 

1 業績概要

 

(企業概要)

 世界最大級の調味料メーカー。スパイス、ハーブ、調理用ソース等を製造。北米、欧州でのシェアが高く、新興市場の拡販にも注力。2017年8月、英国レキットベンキーザーの食品部門を買収。マスタードなど同社の有名ブランドを獲得。

 

国内のマコーミック製品の写真

 

 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P500、ラッセル1000

 

S&P格付け

BBB

 

同業種内順位(全80社)(食品・飲料・タバコ)

時価総額>21位

<売上高>27位

<同業種内時価総額1位>Anheuser-Busch InBev

 香辛料では、世界1位 

 

<ライバル企業>

Cambell Soup

 

同業種の日本企業:エスビー食品ハウス食品

 

<テーマ>

食文化

 

<ブランド>

McCormick(調味料)

 

<事業構成>

Consumer(61.4)

 

<地域別売上高>

米国(59.1)、その他(40.9)

  

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益 営業利益率

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
14 4243 608 437  14.3 3.34 1.48  44.3
15 4296 617 401  14.4 3.11 1.6  51.4
16 4411 662 472  15.0 3.69 1.72  46.6
17予 4643 734 516  15.8 4.08 1.86504  45.7
17 4834 787 477  16.3 3.72 1.88  50.5
18予 5462 969 643  17.7 4.87 2.0815  42.7
19予 5649 1052 703  18.6 5.33 2.25227  42.3
20予              

 

2017年実績は、予想よりも、売上高微増。営業増益、純利益減少。

連続増配は32年間です。配当利回り 1.9%。

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 4472 1670 37.35 13.12     1357 3115 1238 1563
16 4635 1626 35.09 12.98     1421 3214 1422 1586
17 10385 2559 24.65 19.54     1617 8768 1947 5878

  

買収の結果、固定資産と固定負債が激増してます。自己資本比率も下がっています。 

 

 

PER(変動しますが、ここでは、11月末で比較しています)

2016年実績 24.72

2017年予想 24.16

2017年実績 27.47

2018年予想 22.74

 

PERが25%に迫っており、株価が高め推移しています。 

 

 

2017年実績 ROE   22.80

      ROA    5.90

 

ROEは、20%を超えており、良好です。

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 19.54

2018年予想 25.77

 

  

発行済株式数(100万株)

2016年 125.3

2017年 131.0

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 590 -338 -199   251 13.73
16 658 -267 -371   391 14.92
17 815 -4508 +3756   -3693 16.86

 

営業CFマージンは2017年までの3年間で増加し、2017年は、17%に迫っています。2017年は、買収のため、投資CFが増加しています。そのため、フリーCFはマイナスです。

 

 

マコーミックの10年株価チャート

 

マコーミックの10年間の株価チャート。10年間で2.5倍

 

 

 マコーミックの6ヶ月間株価チャート

 

マコーミックの6ヶ月間の株価チャート。停滞気味。

 

株価は、10年で2.5倍以上になっています。しかし、ここ直近の6ヶ月は停滞しています。 

 

 2 所感

業績は良好ですが、買収の影響で自己資本比率が低下し、負債が増大しています。しかし、今後は、株価増加、利益上昇に転じると思います。

しかし、現在、PERが高いため、更に良い銘柄を探します。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。