page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






キンバリークラーク(KMB)。連続増配45年。2017年業績売上高増、営業益微減、純利益増。2018年以降も増収増益になる予想。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年12月末決算

 

1 業績概要

 

(企業概要)

 日用品メーカー大手。ティッシュペーパーKleenex、ハンドタオルScott、紙おむつHuggies、生理用品Kotexなど年間50億ドル稼ぐ有名ブランドを保有し、世界80カ国でシェア1位、または2位。従業員削減、工場閉鎖・売却などの2018年グローバルリストラを発表。

 

 2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P500、ラッセル1000、S&P100

 

S&P格付け

A

 

同業種内順位(全37社)(家庭用品・パーソナル用品)

時価総額>5位

<売上高>3位

<同業種内時価総額1位>The Procter & Gamble

 

<ライバル企業>

The Procter & Gamble

 

同業種の日本企業:日本製紙クレシア

 

<テーマ>

連続増配

 

<ブランド>

Kleenex(ティッシュペーパー)、Scott(ハンドタオル)、Huggies(紙おむつ)

 

<事業構成>

Personal Care(49.7)

 

<地域別売上高>

北米(51.4)

  

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 純利益 営業利益率

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
14 19724 3302 1526 16.74 4.04 3.36 83.2
15 18591 3370 1013 18.12 2.77 3.52 127.1
16 18202 3371 2166 11.90 5.99 3.68 61.4
17予 18334 3356 2212 18.30 6.22 3.84541 61.8
17 18259 3286 2278 18.00 6.40 3.88 60.6 
18予 18584 3401 2454 18.30 6.99 3.99025 57.1
19予 18918 3534 2553 18.68 7.40 4.17671 56.4
20予              

 

2017年実績は、予想よりも、売上高微減。営業利益微減、純利益増。

連続増配は45年間です。配当利回り 3.5%。

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 14842 ▲174 ▲1.17 ▲0.48     5426 9416 6349 8667
16 14602 ▲102 ▲0.70 ▲0.29     5115 9487 5846 8858
17 15151 629 4.15 1.79     5211 9940 5858 8664

  

2015年、2016年は、自己資本比率がマイナスです。2017年は、プラスになりましたが、4.15%。 財務面は、強くありません。

 

 

PER(変動しますが、ここでは、12月末で比較しています)

2016年実績 19.05

2017年予想 19.40

2017年実績 18.85

2018年予想 16.16

 

PERは平均的です。 

 

 

2017年実績 ROE   835.67%

      ROA    14.37%

 

ROE自己資本が小さいため、異常値です。

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 1.79

2018年予想 1.17

 

  

発行済株式数(100万株)

2016年 356.568

2017年 351.106

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 2306 -1050 -1298   1256 12.40
16 3232 -732 -2185   2500 17.75
17 2929 -851 -2421   2078 16.04

 

営業CFマージンは16〜17%程度で良好です。財務CFが多く、株主に報いていますが、その代わり、投資CFが少なめです。

  

キンバリークラークの10年株価チャート

f:id:kusunokiyama:20180626213830p:plain

 

 

 キンバリークラークの6ヶ月間株価チャート

 

f:id:kusunokiyama:20180626213956p:plain

 

株価は、10年で2倍です。配当が3%以上あることを考えると、株価は順調に上昇しています。しかし、ここ直近の6ヶ月は下がり続けています。 

 

 2 所感

業績は良好ですが、財務面での弱さが目立ちます。

連続増配45年は素晴らしいので、時間をおいて、再調査します。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。