page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






メドトロニック(MDT)2018年業績は増収、減益。連続増配40年。2019年以降は増収、増益、増配の見通し



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2018年4月末決算

 

1 業績概要

2017年5月から2018年1月期は、売上高の過半を占める米国が振るわなかった。が、新興市場の伸びで補った。米国の税制改正による一時的な費用負担で純利益は大幅減益であった。2018年4月通期は、売上高増、営業利益増だが、税制改正の影響で、純利益大幅減。

 

  

(企業概況)

 医療機器メーカー大手。ペースメーカーは世界首位。電池式体外型心臓ペースメーカーで先駆企業。主に、心臓疾患、糖尿病、脊椎疾患など、各種医療機器や手術支援システムを展開。

2015年に手術用製品や人工呼吸器に強いコヴィディエンを買収。2016年は慢性疾患向け補助人工心臓メーカーのハートウェアなど、今後の需要拡大を狙った大型買収を継続している。米国内では、今後、約10年間で、研究開発費100億ドルを投じ、成長加速の方針。

 

 

図1 世界の医療機器メーカーの医療機器売上高ランキング

   (2013年、単位:10億ドル)

世界の医療機器メーカーの医療機器機器売上高ランキング(2013年)

 

1位は、ジョンソンエンドジョンソンの 287億ドル(約3.16兆円)、

2位は、GE の 181億ドル(2.00兆円)

  (ただし、GEは、2019年以降、医療機器部門を分社化すると発表)

3位は、メトドロニックの 171億ドル(1.88兆円)

 

 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P100、S&P500

 

S&P格付け

A

 

同業種内順位(全243社)(ヘルスケア機器・サービス)

時価総額>2位

<売上高>12位

<同業種内時価総額1位>United Health Group

 

<ライバル企業>

Abbot Laboratories,Johnson & Johnson,Boston Scientific,Becton Dickinson,Edwards Lifesciences

 

 同業種の日本企業:オリンパス、日本光電、フクダ電子テルモ

 

<テーマ>

 ー

 

<ブランド>

 

<株主構成>

機関投資家(85%)

事業会社(0%)

個人・役員(0.1%)

その他一般株主(14.8%)

 

<事業構成>

 

Cardiac & Vascular Group(35.3)、Minimally Invasive Therapies Group(33.4)、Restorative Therapies Group(24.8)、Diabetes Group(6.5)

 

<地域別売上高>

米国(56.2)、欧州・中東・アフリカ(22.7)、アジア太平洋(11.6)、中華圏(5.3)、米国以外の北南米(4.2)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 営業利益率 純利益

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
12              
13 16569 4774 28.8 3467 3.37 1.04 30.9
14 16893 4795 28.4  3065 3.02 1.12 37.1
15 20261 4972 24.5 2675 2.41 1.22 50.6
16 28833 5915 20.5 3538 2.48 1.52 61.3
17 29710 6300 21.2  4028 2.89 1.72 59.5 
18予 29706 8292 27.9 6466 4.74 1.85761 39.2
18 29953 6651 22.2 3104 4.07 2.00 49.1 
19予 30626 6627 21.6 5036 5.15 2.00243 38.9
20予 32538 9561 29.4  7603 5.64 2.18113 38.7

 

2018年実績は、予想よりも、売上高は上回ったが、営業利益、純利益は、予想を下回った。特に、純利益は予想の48%に留まった。

2018年の配当性向は49.1%。配当余力は十分です。連続増配は40年間です。

 

配当利回りは、2.336%程度です。

株価は、85.61ドル(2018年6月29日)

 

財務
総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
16 99644 52063 52.25 37.21   31154 23600 76044 7165 40416
17 99816 50294 50.39 36.73 122 33452 24873 74984 14264 35385
18 91393 50720 55.49 37.45     22980 68413 10084 30599

  

 自己資本比率は、50%を超えており優良企業です。予想していたよりも高い値でした。当然ながら、流動性は全く、問題ありません。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発 売上高設備投資率 売上高研究開発率 
16              
17 7.87  6.32  1071  4988  2193  3.60 7.38
18予 12.86 8.31 1153 2674 - 3.88  
18 11.04 5.80     -    

 

ROEは2018年は、11.04と低いです。また、ROAも5.8%と低い値です。

 

 

PER(変動しますが、ここでは、4月末で比較しています)

2017年実績 28.75 

2018年予想 17.62

2018年実績 23.70

2019年予想 

 

PERは、25%程度以上で割高です。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 36.73

2018年予想 37.45

 

  

発行済株式数(100万株)

2017年 1369.424820

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
16 5218 +2245 -9543 2876 7463 18.10
17 6880 -1571 -3283 4967 5309 23.16
18 4684 5858 -11954   10542 15.64

 

 営業CFマージンが15%を超えており、優良企業です。

 

メドトロニックの10年株価チャート

 

f:id:kusunokiyama:20180702003708p:plain

 

メドトロニックの6ヶ月間株価チャート

 

f:id:kusunokiyama:20180702003819p:plain

 

10年間で2倍になっています。6ヶ月チャートをみると、2018年5月が底で、切り換えしているようです。

 

 2 所感

売上高、利益、利益率共に優良企業です。 連続増配40年、配当利回り2.3%程度です。利益が上昇し続けているので、長期保有して良い銘柄だと思います。 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。