page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






40歳代、50歳代の貯蓄・負債はいくらなのか?? 2017年の家計貯蓄・負債の状況調査まとめ(貯蓄・負債編)世帯主の年齢階級別!(総務省統計局の資料からの抜粋)



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

2017年の家計調査報告(貯蓄・負債編)

平成29年(2017年)平均結果 (二人以上の世帯)

 

1 世帯主の年齢階級別にみた、貯蓄・負債の状況

 

1 全体 

 

二人以上の世帯について、世帯主の年齢階級別に1世帯当たり貯蓄現在高は、

 

40歳未満の世帯が602万円と最も少なく、年齢階級が高くなるに従って、負債現在高が少なくなっている。

また、負債保有世帯の割合は、40から49歳の世帯が64.8%と最も高く、40歳以上の世帯では、年齢階級が高くなるに従って、割合が低くなっている。

純貯蓄額(貯蓄現在高-負債現在高)をみると,40歳以上の各年齢階級では貯蓄現在高が負債現在高を上回っており,70歳以上の世帯の純貯蓄額は2264万円と最も多くなっている。

一方,40歳未満の世帯では負債現在高が貯蓄現在高を上回っており,負債超過となっている。

 

 

図3−1−1 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高、負債保有世帯の割合

  

図3−1−1 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高、負債保有世帯の割合

 

表3−1−1 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高、負債保有世帯の割合(二人以上の世帯)2017年
等級、年齢(歳) 貯蓄現在高(万円) 負債現在高(万円) 負債保有世帯の割合(%) 年間収入(万円)

貯蓄年収比

(貯蓄現在高/年間収入)%

世帯数分布(%)
平均 1812 517 37.5 617 293.7 100.0
             
40歳未満 602 1123 59.3 598 100.7 12.2
40〜49 1074 1055 64.8 762 140.9 18.2
50〜59 1699 617 53.2 841 202.0 16.9
60〜69 2382 205 26.3 582 409.3 23.5
70歳以上 2385 121 11.4 435 548.3 29.3

 

 

(2)負債保有世帯

 

負債保有世帯のうち、負債超過額が最も多いのは世帯主が40歳未満の世帯

 

二人以上の世帯のうち、負債保有世帯について世帯主の年齢階級別に貯蓄現在高を見ると、40歳未満の世帯が533万円と最も少なくなっているのに対し、60歳以上の世帯は、1628万円と最も多くなっていおり、年齢階級が高くなるに従って貯蓄現在高は、多くなっている。

純貯蓄額をみると、50歳未満の各年齢階級で負債現在高が、貯蓄現在高を上回っており、40歳未満の世帯の負債超過額が1360万円と最も多くなっている。一方、50歳以上の各年齢階級では、貯蓄現在高が負債現在高を上回っており、60歳以上の世帯の純貯蓄額は743万円となっている。

 

図3−1−2 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高

(二人以上の世帯のうち、負債保有世帯)

 

図3−1−2 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高(二人以上の世帯のうち、負債保有世帯)

 

表3−1−2 世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高(二人以上の世帯のうち負債保有世帯) 2017年

 

等級、年齢(歳) 貯蓄現在高(万円) 負債現在高(万円) 負債保有世帯の割合(%) 年間収入(万円) 貯蓄年収比

(貯蓄現在高/年間収入)%

世帯数分布(%)
平均 1142 1379 37.5 740 154.3 100.0
             
40歳未満 533 1893 59.3 621 85.8 19.3
40〜49 924 1629 64.8 786 117.6 31.4
50〜59 1414 1159 53.2 899 157.3 24.0
60歳以上 1628 885 18.0 625 260.5 25.4

 

 

2 所感

 

全体と負債保有世帯とでは、貯蓄と負債の比率に大きな違いがあった。

全体では、40〜49歳階級で、貯蓄現在高と負債現在高がほぼ等しくなる(プラスマイナスゼロ)に対して、負債保有世帯では、40〜49歳階級では、貯蓄現在高924万円に対し、負債現在高が1629万円と700万円負債が多い。

負債保有世帯では、50〜59歳階級になると、貯蓄現在高1414万円、負債現在高1159万円と、実質の貯蓄現在高が250万円のプラスになる。

 

全体と、負債保有世帯の「年間収入」を各年齢階級ごとに比較すると、負債保有世帯の方が年間収入が多い。

収入が少ないため負債が多いのではなく、収入も多いが、支出が多いため、負債の返済が遅れがちになると予想される。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。