page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






ゼネラルミルズ(GIS)。連続増配13年。2017年業績微増収、純利益増。2018年以降予想も業績横ばいの予想



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年12月末決算

 

ゼネラルミルズのロゴ

 

1 業績概要

 

(企業概要)

食品メーカー大手。シリアル食品、スナック類、ヨーグルト、インスタント・冷凍食品等を製造。ベティ・クロッカー、ハーゲンダッツなどのブランドが有名。シェアナンバー1、ナンバー2のブランドを多数保有。しかし、直近ではヨーグルト事業でシェアを大きく落とし苦戦。

 

 2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P500、ラッセル1000

 

S&P格付け

BBB

 

NYSE

 

同業種内順位(全80社)(食品・飲料・タバコ)

時価総額>10位

<売上高>11位

<同業種内時価総額1位>Anheuser-Busch InBev

 

<ライバル企業>

Kellogg,Hormel Foods,Tyson Foods,Archer-Daniels-Midland Co,

 

同業種の日本企業:明治HD

 

<テーマ>

 

<ブランド>

Betty Crocker(ベーキングパウダー)、Haagen-Dazs(高級アイスクリーム)

 

 

製品分類  割合(%) 
Snacks  21 
Cereal  17 
Convenient meals 17
Yogurt  15 
 Super-premium ice cream
Dough  11 
Baking mixes and ingredients  11
 Vegetables 2
 Other

 

 図1 製品分類 と割合

円グラフ ゼネラルミルズの製品の分類と割合(%)

 

 

 

 

<事業構成>

North America Retail(65.3)

 

<地域別売上高>

米国(71.5)

 

 

図2 地域別、商品別の分類

 

製品分類  割合(%) 
North America Retail 65
Convenience Stores and Foodservice 12
Europe and Australia 12
Asia & Latin America 11
合計 100

 

円グラフ ゼネラルミルズの地域別、商品別の分類(%)

   

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 営業利益率 純利益

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
14              
15 17630 2710 15.37 1221 1.97 1.67 84.8
16 16563 2846  17.18 1697 2.77 1.78  64.3
17 15619 2847  18.23 1657  2.77  1.92  69.3
18予 15706 2779  17.69 1849 3.17  1.99005 62.8
18 15740 2459  15.62 2131  2.74 1.960  71.5
19予 15948 2850  17.87 1989  3.42  2.10796 61.6
20予 17509 不明 1975      

 

2018年実績は、予想よりも増収。営業利益減、純利益増。

連続増配は13年間です。配当利回り 4.37%。

株価 45.04ドル(2018/7/6)

 

財務

 

総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
16 21712 4930 22.71 8.26     3937 17775 5014  11767 
17 21812 4327  19.84  7.50  29.2   4061 17751  5330  12153 
18 30624 6141  20.05  10.35     4123 26500  7341 17141

 

流動比率が56%(2018年)と問題ありです。2016年は78%、2017年は、76%と、継続的に100%をきっています。

自己資本比率は、20%なので、競合他社と比較すると低めです。

 

PER(変動しますが、ここでは、5月末で比較しています)

2017年実績 20.69

2018年予想 16.40

2018年実績 18.85

2019年予想 14.73

 

PERは平均的です。業績と比較すると、お買い得です。

 

 

2018年実績 ROE   30.70%

      ROA     5.93%

 

ROEは、30%を超えており良好です。一方、ROAは、低く、資産を生かしきれていません。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2018年実績 10.35

2019年予想 12.25

 

一株あたりの純資産は高めで歴史を感じさせます。

 

  

発行済株式数(100万株)

2017年 576.900

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 2542 -1602 -1384 334 940 15.87
16 2629 +93 -2285 763 2723 15.87
17 2313 -646 -1645 766 1666 14.80
18 2841 -8685 +5445   -5844 18.05

 

営業CFマージンは15%程度以上で良好です。ペットフード大手の買収などあり、投資CFが一時的に過大になっています。

  

ゼネラルミルズの10年株価チャート

 

ゼネラルミルズの10年間の株価チャート

 

 ゼネラルミルズの6ヶ月間株価チャート

 

ゼネラルミルズの6ヶ月間の株価チャート

 

 

株価は、2016年年央で高値70ドルをつけてから、2018年直近では、45ドルまで落ち込んでいます。10年で1.3倍程度です。ここ、6ヶ月間も下げており、どこで下げ止まるかわかりません。 

 

 2 所感

業績が横ばいです。また、財務面で弱い点があります。

今のところは見送り、業績の変化を不定期に確認します。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。