page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






スターバックス(SBUX)10年間で株価10倍のテンバガー。2017年業績は増収、増益。2018年以降も順調に成長する予測。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

1 2017年9月末決算

 

1 業績概要

2017年9月通期は、既存店は客数横ばいだが、単価は着実増。ただ、効率性が低下し、営業益は横ばいであった。2018年の第1四半期も営業減益だが、中国の持分取得に関する一時的な利益が純利益を押し上げ。通期でも純利益上向くが、一段の成長に課題も。

 

 

2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P100、S&P500、ナスダック100、ラッセル1000

 

S&P格付け

A-

 

同業種内順位(全140社)(消費者サービス)

時価総額>2位

<売上高>3位

<同業種内時価総額1位>McDonald's

 

<ライバル企業>

McDonald's,Dunkin' Brands Group,Panera Bread,z, YUM! Brands,Chipotle Mexican Grill,Darden Restaurants,

 

 同業種の日本企業:ドトール・日レスHD、コメダHD、伊藤園タリーズコーヒー

 

<テーマ>

 プレミアム、中国・アジア開拓、会員制・ポイント

 

<ブランド>

Starbucks(コーヒー)、Frappuccino(冷たい飲料)

 

<株主構成>

機関投資家(76%)

事業会社(0%)

個人・役員(2.6%)

その他一般株主(21.2%)

 

<事業構成>

Americas(69.9)、China/Asia Pacific(14.5)、Channel Development(9)、Europe Middle East Africa(4.5)、ALL Other(2.1)

 

 

<地域別売上高>

米国(73.8)、その他国(26.2)

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 営業利益率 純利益

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
12 13276 1786 13.45 1383 0.90 0.36 40
13 14866 2207 14.84 8 0.01 0.445 4450
14 16447 2792 16.97 2068 1.35  0.55  40.7
15 19162  3351  17.48 2757 1.82  0.68  37.4
16 21315  3853  18.07 2817  1.90  0.85  44.7
17予 22504  4453  19.78  3007 2.06 1.01688  49.4
17 22386  3896  17.40 2884  1.97  1.05  53.3 
18予 24750  4668  18.86  3512  2.49  1.25625  50.5
19予 27074  5233  19.32  3860 2.80  1.38867 49.6
20予 29547  5897  19.95 4268 3.17  1.55412  49.0

 

2017年は、前年比で、増収、増益(売上高、営業利益、純利益共に、予想を下回った)。

2018年以降は増収、増益が継続する予想。

 

配当利回りは、2.87%程度です。

株価は、50.25ドル(2018年7月12日)

 

財務
総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 12416 5818 46.86 3.92 1 2347 3971 8445 3648 2950
16 14329 5884 41.06 4.03 6 3664 4757 9554 4546 3881
17 14365 5450 37.94 3.81 6 3987 5283 9082 4220 4694

  

自己資本比率が40%程度で良好です。固定負債の増加が目に付きます。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 減価償却 研究開発
16 48.16 28.82  1393  973   
17予 51.11  31.08  1540  1004   
17 50.90 27.18 1537 1002 -
18予 64.45 32.50 1979  1087 -

 

2017年実績で、ROEは50%、ROAが30%ととても高いです。非常に効率的に、株主資本と、資産を生かした経営です。

 

 

PER(変動しますが、ここでは、9月末で比較しています)

2016年実績 28.49 

2017年予想 25.95

2017年実績 27.26

2018年予想 23.73

 

PERは、27%程度以上で、割高です。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 3.81

2018年予想 3.83

 

積み上げてきた資産が非常に少ないです。

 

  

発行済株式数(100万株)

2016年 1460.5

2017年 1431.6

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 3749 -1520 -2256 1530 2228 15.56
16 4575 -2222 -1750 2128 2352 21.46
17 4174 -850  -3001 2462 3324 18.64

 

 営業CFマージンが15%以上あり優良企業です。

 

 

スターバックスの10年株価チャート

 

スターバックスの10年間の株価チャート。10年間で10倍以上に株価が急成長

 

 

スターバックスの6ヶ月間株価チャート

 

スターバックスの6ヶ月間の株価チャート。直近6ヶ月は、株価がボックス圏での値動きになっています。

 

 

10年間で10倍以上になっています。しかし、6ヶ月チャートをみると、60ドルから、50ドルへ落ち込んでいます。

2018年6月の株価下落は、格付け会社ムーディーズによる、格付の引き下げによるものと思われます。格付けを「A3」から「Baa1」に引き下げ、格付けの見通しも「安定的」から引き下げ方向で見直す「ネガティブ」にしています。

 

 2 所感

優良企業です。同分野にライバルが多く、今後は、2017年までの10年間で株価が10倍以上になった勢いが継続するかが問われています。

中国、アジア等への積極的な進出によって、今後も勢いが継続する可能性があります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。