page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






アッヴィ(ABBV)は世界第8位のバイオ医薬品会社。2017年業績増収、営業利益増、純利益減。2018年以降は、業績好調となる予想。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

 

 

f:id:kusunokiyama:20180721213843p:plain

  

1 2017年12月末決算

 

1 業績概要

2017年通期は、主柱の「ヒュミラ」が国内外ともに順調に拡大。買収した子会社の「インブルビカ」も急成長し、HCV減少を補う。ただ、コスト、税負担増え純益は減少。2018年も「ヒュミラ」「インブルビカ」伸長続く。新薬も徐々に稼働。税制改革の恩恵もあり、純益倍増の見通し。「ヒュミラ」の2017年売上高は184億ドルと、アッヴィの売り上げ全体の65%を占めた。

 

 

(企業概況)

バイオ製薬の大手。2013年にアボット・ラボラトリーズ社から分離。主力は抗リウマチ治療薬の「ヒュミラ」。免疫疾患、腫瘍学、ウィルス感染・C型肝炎、神経系が重点領域。2015年にガン治療薬のファーマサイクリック社を210億ドルで買収、血液ガン治療薬「インブルビカ」を獲得して、ガン領域を補完。「ウパダシチニブ」が米FDAよりアトピー性皮膚炎の画期的治療薬指定を取得。米国内で今後5年間に25億ドルの投資計画。

 

 2 各種の指標、他社比較、地域分布など

 

採用インデックス

S&P100、S&P500、ラッセル1000

 

S&P格付け

A-

 

NYSE

 

同業種内順位(全463社)(医薬・バイオ・ライフサイエンス)

時価総額>3位

<売上高>4位

<同業種内時価総額1位>Johnson & Johnson

 

<ライバル企業>

Amgen,Bristol-Myers Squibb,Eli Lilly,Gilead Sciences,Biogen

 

 同業種の日本企業:アステラス製薬第一三共

 

<テーマ>

 新薬

 

<ブランド>

ヒュミラ(抗リウマチ治療薬)、ヴィキラ(C型肝炎治療薬)、インブルビカ(血液ガン治療薬)

 

<株主構成>

機関投資家(71.9%)

事業会社(0%)

個人・役員(0%)

その他一般株主(27.9%)

 

<事業構成>

Pharmaceutical Products(100)

  

<地域別売上高>

米国(64.7)、ドイツ(4.1)、英国(2.9)、日本(2.7)、フランス(2.6)、カナダ(2.3)、スペイン(1.9)

 

世界中で稼いでいます。

 

2 業績詳細

 

単位は100万USドル

 

損益計算書 
売上高 営業利益 営業利益率 純利益

希薄化後

1株益

1株配 配当性向
12 18380 6622  36.03 5275  3.34 
13 18790 6017 32.02 4128 2.56 1.6 62.5
14 19960 5500 27.56 1774 1.10 1.75 159.1
15 22859 8856 38.74 5144 3.13 2.1 67.1
16 25638 9763 38.08 5953 3.63 2.35 64.7
17予 27891 11912 42.71 8831 5.53 2.58128 46.7
17 28216 10643 37.72 5309 3.30 2.63 79.7
18予 32300 14118 43.71 11968 7.49 3.33159 44.5
19予 34671 16378 47.24 13829 8.74 3.73285 42.7
20予 37094 18207 49.08 15291 9.85 4.17582 42.4

 

2017年は、前年比で、売上高増、営業利益増、しかし、純利益減。

2018年以降は増収、増益が継続する予想。

 

配当利回りは、4.27%程度です。

株価は、88.91ドル(2018年7月20日)

 

財務
総資産 自己資本 自己資本比率(%) 1株株主資本(USD) 非支配持分 有利子負債 流動資産 固定資産 流動負債 固定負債
15 53050 3945 7.44  2.45   31752 16314 36736  10894  38211
16 66099 4636 7.01  2.91    37180  16187 49912  9781 51682 
17 70786 5097 7.20  3.20    37368  21223 49563 16641 49048


自己資本比率が7%程度で低いです。負債の多い点が気になります。

 

指標 

 

ROE ROA 設備投資 設備投資比率  減価償却 研究開発
16 138.75 16.39 553  2.2 1173  4226
17予 190.50 18.02 521 1.9 1631
17 109.09 15.55 534 1.9 1467 4982
18予 234.81 19.95 681  2.1 1875   

 

ROEが100%を越えています。借金が多すぎます。設備投資が十分にできていない。

 

 

PER(変動しますが、ここでは、12月末で比較しています)

2016年実績 17.25

2017年予想 15.88

2017年実績 29.31

2018年予想 15.99

 

PERは2017年実績は高いです。2018年予想は、少し低めか。

 

 

BPS(一株当たりの純資産)(上表の1株当たりの株主資本)

2017年実績 3.20

2018年実績 1.98

 

積み上げてきたものが低いです。

 

  

発行済株式数(100万株)

 

2016年 1592.512720

2017年 1592.131030

 

 

キャッシュフロー

 

営業CF 投資CF 財務CF 現金同等物 フリーCF 営業CFマージン
15 7535 -12936 5752 8399 ▲5401 32.0
16 7041 -6074 -3928 5100 967 27.5
17 9960 -274 -5512 9303 9686 35.3

 

 営業CFマージンが30%を超えており、営業CFは良好です。

 

 

アッヴィの10年株価チャート

 

f:id:kusunokiyama:20180721224813p:plain

 

 

アッヴィの6ヶ月間株価チャート

 

f:id:kusunokiyama:20180721224856p:plain

 

 

5年間で2.5倍以上に株価が上昇しています。この6ヶ月はもたついています。

 

 2 所感

ヘルスケアセクター中でも業績が良さそうなので調べてみました。先行きに自信が持てません。様子見します。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。