page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などを学んでいきたいです。






日経平均株価が約27年ぶりの高値。上昇し続けるか? 材料出尽くし??



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
にほんブログ村

1 日経平均株価の上昇は続くのか?

 

 

1 日経平均株価が26年10ヶ月ぶりの高値

 

2018年9月28日の東京株式市場で、日経平均株価日経225種)が1991年11月以来、約26年10ヶ月ぶりの高値を一時つけました。

 

堅調な国内経済指標(鉱工業生産指数が4ヶ月ぶりに改善)に加え、外国為替市場の円安・ドル高が追い風となったようです。円安・米ドル高傾向は、数週間以上継続すると思っていますが、株価の上昇を数週間支えることはできるでしょうか??

 

f:id:kusunokiyama:20180930164217p:plain

 

 

2 今後の節目の株価一覧 

 

今後の節目となる日経平均株価

  日経平均株価終値)  日付  節目  備考 
1  3万8915円 1989年12月29日 市場最高値   
2  3万0245円 1990年8月2日  3万円超え   
3  2万7006円  1991年3月19日  2万7000円超え   
4  2万6030円  1991年5月14日  2万6000円超え   
5  2万5044円  1991年11月1日  2万5000円超え   
6  2万4176円  1991年11月14日  直前の最高値   
7  2万4124円  2018年1月23日  今年の最高値   
8  2万4120円  2018年9月28日    
         

 

 

1 10日間のチャート

 

10日間では、9月13日から9月19日までの4営業日で1000円上がっています。その後も、6営業日で、トータル500円を着実に積み重ねています。

管理人は、この上昇トレンドは、短期間で終わると思っています。

株価は期待値を織り込んで変動するので、更に向上する材料がなければ息切れすると思っています。

 

 

f:id:kusunokiyama:20180930153600p:plain

 

2 1ヶ月間のチャート

1ヶ月間のチャートを見ても、1ヶ月前に2万4000円超えを予想するのは困難だったと思います。

 

 

f:id:kusunokiyama:20180930155131p:plain

 

 

3 6ヶ月間のチャート

 

f:id:kusunokiyama:20180930153906p:plain

 

6ヶ月間のチャートをみても、21500円から23000をうろうろしており、一気に上昇した感があります。

 

 

4 10年間のチャート

 

f:id:kusunokiyama:20180930154137p:plain

 

 

 

2 日経平均株価組み入れ上位15銘柄

 

2018年8月末 

  銘柄  業種  組み入れ比率(%)  備考 
1  ファーストリテイリング  小売業  8.41   
2  ソフトバンクグループ  情報・通信業  5.01   
3 ファナック 電気機器  3.53   
東京エレクトロン 電気機器  3.06  
5  KDDI 情報・通信業  2.86   
ダイキン工業  機械  2.30   
京セラ  電気機器  2.28   
TDK 電気機器  2.03  上位8銘柄で、29.48% 
テルモ  精密機械  1.99  
10  信越化学工業  化学  1.69   
11  リクルートホールディングス  サービス業  1.65   
12  エーザイ  医薬品  1.63   
13  ユニー・ファミリーマートホールディングス  小売業  1.57   
14  アステラス製薬  医薬品  1.53   
15  セコム  サービス業  1.48   
    上位15銘柄合計 41.02(%)  

 

上位15銘柄で41.02%も占めています。

更に、上位8銘柄で29.48%です。

 

日経平均株価は225銘柄で指数が構成されているので、残りの210銘柄が59% にひしめき合っています。日経平均株価は、株価指数(インデックス)の一種ですが、銘柄の分散に優れているかどうかについては、疑問符がつきます。組み入れ比率の大きい銘柄の影響が、株価指数に敏感に反応します。

 

 

2 所感

 

さらなる株価上昇を期待したいところですが、今回の株価上昇は急激でしたので、近いうちに、利益確定売りの調整が入ると思います。

管理人は、日本株式型の投信を保有していますので、小分けに、時間の分散をしながら、利益確定の売りを入れて行きたいと思います。

現金化したものを、円から米ドルにかえて、リセッションに備えたいと思っています。

 

 

 

  

 最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。