page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などについて発信します。



【つみたてNISA】2018年のつみたてNISA枠を使い切りました。満足できる結果です。



1 つみたてNISA満額投資で初年(2018年)を完了

 

2018年のつみたてNISA枠(40万円)を使い切りました。

継続定期買付により、NISA枠を全額使い切ることができたので大変満足です。

  

 

管理人は、毎週つみたてをしています。毎週、引き落とし予定額通知メールが届き、その額が銀行口座から引き落とされていきます。

毎週にしたのは、適度な頻度で、時間の分散ができるのと考えたからです。毎月一回は当たり前すぎるし、毎日はうっとおしいと思っています。

 

2018年初めの頃は、どの商品がいいのか検討しながら、探り探り買い付けていましたが、現在はようやく固まった3種類の投資信託を買い付けています。

 

 

の3商品にほぼ、3等分した金額を積み立て買付しています。

 

www.usa-stocks.com

 

 

2 初年度の損益(12月21日現在)

 

《つみたてNISA》

2018年12月21日(金)現在で、

合計  361,692円

損益  ー38,308円( ー9.58%)

 

です。満足できる結果です。今後の成長が楽しみです。

全てインデックスファンドなので、ベンチマークは設けていません。インデックスファンドのトラッキングエラーに気を使うほどの大きな金額ではありませんので。

 

 

www.usa-stocks.com

 

 

3 昨年の一般NISAの現時点での損益

 

《一般NISA》

ちなみに、昨年(2017年)は一般NISA枠を使いました。

(ここでの合計損益は、配当、売却損益を含む)

 

投資額   1,191,858円

合計    1,142,905円 

合計損益  ー48,953円( ー4.11%)

 

です。

2021年までが利益が非課税期間ですが、その後も継続保有する計画で銘柄を選びましたので、2021年に売り切ることはありません。

 

4 所感

 

米国株式市場の価格変動(ボラティリテイー)が大きくなって、本格的な調整がありそうですが、管理人の《NISA号》、《つみたてNISA号》は、風当たりが強くなってくる中、まずまずの飛行を続けています。

 

管理人のつみたてNISA投信は、今後も無配当運用と思われますので、利益の確定はおそらく20年後以降になります。

20年後は、社会体制、政治、経済状況など全く、異なった様相になっていると思いますが、大きくなった《つみたてNISA》を見ることが、今から楽しみです。

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。