page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などについて発信します。



米国株式、 ETFの保有額を整理してみた(2018年12月31日)。

 

1 米国株式、米国ETFの成績(2018年12月31日)

 

米国株式、米国 ETFを整理してみました。

 

2018年12月31日(金)時点

 

1 現時点での株価

 

12月31日(金)の評価額を記入しています。

 

12月も、ファイザーコカ・コーラを買いました(定期買付)。

 

ティッカー 銘柄 セクター 評価額(6月末)  評価額(7月末) 評価額(8月末)  評価額(9月末)  評価額(10月末)  評価額(11月末) 評価額(12月末)  前月比(%)
KO コカ・コーラ 生活必需品 1754 1848 1782 1847 1837 2500  2737 ▲7.5
JNJ ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア 970 2631 2693 2763 2739 2924 2545 ▲13.0
PFE ファイザー ヘルスケア 1451 1536  1660 1763 1704 2263 2534 ▲7.0
MSFT マイクロソフト 情報技術 1183 1292  1347 1372  2567 2653 2409 ▲9.2
PG プロクター&ギャンブル 生活必需品 1561 1611 1659 1664 1757 1878 1823 ▲2.9
MMM スリーエム 資本財 1180 1244 1265 1264  1110 1244 1136 ▲8.7
XOM エクソンモービル エネルギー 1240 1228 1202 1275 1163 1191 1022 ▲14.2
                     
VYM バンガード米国高配当株式 米国高配当株式 6727 6956 7080 7054 6593 6972 6262 ▲10.2
VTI バンガードトータルストックマーケット 米国全体 2106 2178 2251 2245 2037 2119 1896 ▲10.5
VT バンガードトータルワールドストック 全世界 146 150 152  152 135 142 130 ▲8.4
                     
合計 米国株式、ETF - 18322 20678 21095 21399 21644 23836 22498  

 

個別株7銘柄+ETF3銘柄の今月の当落率です。

 

先月比で全銘柄がマイナスです。12月の大暴落のため当然です。

 

トータルでプラスの銘柄は、コカ・コーラファイザー、プロクター&ギャンブルの3銘柄です。 ヘルスケアと生活必需品は、下落に強いですね。

  

2 参考指数(基準日:2018年5月25日(金)終値

指数 基準日の値 現在値 変動率
NYダウ 24753.09 23062.40 ▲6.2%
S&P500 2721.33 2485.74 ▲8.7%
米ドル/円 109.38 110.26  
日経平均 22450.79 20014.77 ▲10.9%

 

3 2018年12月の結果と今後の予定

 

12月もSBI証券の定期買付を継続しました。

2019年1月からは、一旦、定期買付を解除します。

 

2019年1月は、VYMか、VOOを買付ようと思っています。

約定するかどうかは、株価の下落率次第です。

少額ずつ買付継続し、保有株式数(口数)を増やして、配当(分配金)狙いを続けます。 

 

住信SBIネット銀行で、外貨積立を実施中です。円建て資金からUSドル建てに、少しずつ移しています。今月は、円高傾向だったので、USドルが増えました。

 

2 所感

12月は大暴落の影響で、全銘柄が前月比でマイナスでした。

下落は気にしないようにして、地道に買付継続の方針は変わりません。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。