page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などについて発信します。



株式・ETFの保有額まとめ。ポートフォリオ(2019年4月)



  

 1 米国株式、米国ETFのリターン(2019年4月30日)

 

米国株式、米国 ETFを整理してみました。

2019年4月30日(火)時点

 

1 現時点での株価

 

4月30日(火)の評価額を記入しています。

 

今月は、

 

  • コカ・コーラ(KO)
  • バンガード・トータルストックマーケットETF(VTI)(定期買い付け)
  • バンガード・ヘルスケアセクターETF(VHT)(定期買い付け)

 

を買いました。

 

 

ティッカー 銘柄 セクター 評価額(18/6月末) (18/12月末) (19/1月末) (2月末) (3月末) (4月末) 前月比(%) 評価損益額(USD)
KO コカ・コーラ 生活必需品 1754 2737 2792 2629 2717 4072 +175
MSFT マイクロソフト 情報技術 1183 2409 2506 2689 2831 3134 +10.7 +566
JNJ ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア 970 2545 2662 2733 2796 2824 +1.0 +100
XOM エクソンモービル エネルギー 1240 1022 1099 2371 2424 2408 ▲0.7 +3
PFE ファイザー ヘルスケア 1451 2534 2505 2557 2506 2396 ▲4.4 +114
PG プロクター&ギャンブル 生活必需品 1561 1611 1929 1971 2081 2130 +2.4 +642
MMM スリーエム 資本財 1180 1136 1202 1244 1247 1137 ▲8.8 ▲93
                     
VYM バンガード米国高配当株式 米国高配当株式 6727 6262 6703 6955 6939 7135 +2.8 +163
VTI バンガードトータルストックマーケット 米国全体 2106 1896 3463 4304 5210 6316 +217
VHT バンガード・ヘスルケアセクターETF 米国ヘルスケア           503 ▲5.0
VT バンガードトータルワールドストック 全世界 146 130 141 145 146 151 +3.4 +8
                     
合計 米国株式、ETF - 18,322 22,498 25,002 27,600 28,897 32206   +1890
                     
配当 配当受取合計(NET) - 17年61.5 18年347.27     3/29まで192.47 4/30まで19.60   620.84

 

 個別株7銘柄+ETF4銘柄の今月の当落率です。

今月から、VHTが加わりました。 

 

前月比で、スリーエムファイザーエクソンモービルがマイナスです。

特に、スリーエムの暴落には戸惑いました(1Q決算発表当日、1日で12%以上下落)。暴落中のうちに、買い増そうと思っています。株価の下落と回復を確認していきます。

 

 

今年は、米国株式・ETF定期買付を1回/月のペースで継続する計画です(日付を決めて成り行き買い)。

現在は、VTIを買い付けています。株価が上がっても、下がっても、機械的に購入を続けます。資金は定期買付金額分は確保できるはず??です。

 

さらに、SBI証券の米国株式手数料引き下げキャンペーンの乗っかる形で、VHTを買い付けました。期間中に2回に分けて購入する予定です(1回目完了)。

 

VYMが22%、VTIが20%です。順調に定期買い付けが続けられれば、5月末にはVTIが最大銘柄になる予定です。

  

 

個別銘柄の割合の円グラフ

 

 

 5月の購入候補として、

 

  • プロクター&ギャンブル(PG)
  • マイクロソフト(MSFT)
  • バンガード・ヘスルケアセクターETF(VHT)

 

の3点のうちどれを購入するか検討しています。

  

2 参考指数(基準日:2018年5月25日(金)終値

指数 基準日の値 現在値(2019/4/30) 変動率(トータル)
NYダウ 24753.09 26592.91 +7.43%
S&P500 2721.33 2945.83 +8.25%
米ドル/円 109.38 111.41  
日経平均 22450.79 22258.73 ▲0.86%

 

 

2 所感

 

VTIを買うことで、米国全体の株価上昇の恩恵を受けて、少額ずつ資産形成をゆっくりと行い続けます。

 

VHTは、今後も長期的には値上がりすると予想しているので、時々、買い増しします。

現在、ヘルスケアセクターは、JNJとファイザー保有しています。しかし、ヘルスケアセクターは、各社共、巨額な研究開発費を必要とするため、個別株保有はリスクが大きいと思っています。VHTでヘルスケアセクター全体の成長に乗っかって資産増大を図ります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。