page contents

数値に弱いサラリーマンの少額株式投資

米国株式、投資信託、日々の生活などについて発信します。



エクソンモービル(XOM)が軟調。



1 エクソンモービル軟調

 

米国ーイラン情勢の緊迫で、石油株(ここでは、エクソンモービル)の株価があがるとの期待を抱いていましたが、株価が下がり続けています。

イラン情勢の緊迫は、エクソンモービルにとって益があまりないか、すでに織り込み済みだったかで、株価がだらだら下げ続ける展開になっているのでしょうか。世界の投資家が競っている米国株が、そんなに単純な構図で株価が形成される訳ではないのはわかっているつもりでしたが・・。

 

検索してみると、石油・天然ガス開発の投資が過大になり、利益成長が鈍化するとの見方がありました。また、莫大な投資額が、近い将来に効果を発揮するのか、あるいは、間違った決断なのかと、どちらに判断を下すかで、見方が分かれているとの記事もありました。

あるいは、シェールガス生産増大、米国石油輸出再開と、米国が世界一の産油国に返り咲き、その結果、石油がだぶつき気味になっている。などの理由があります。

 

さて、株価チャートを見てみると、

2019年4月に、6ヶ月間の天井をつけて軟調です。

 

エクソンモービル(XOM)の6ヶ月間の株価チャート(2019年4月が株価天井か?)

エクソンモービル(XOM)の6ヶ月間の株価チャート

 

2019年5月までの10年間の株価チャートを見てみました。

 

エクソンモービルの10年間株価チャート。株価上昇の期待感が薄い

エクソンモービルの10年間株価チャート


 株価横ばいチャートです。

元々、「連続増配」+「株価値動きが他の銘柄と異なる」 の2つの理由で買ったのですが、管理人の想定していた値動きと異なります。

 

2019年5月15日現在、 

  • 予想PERは、18.2倍
  • 配当利回りは、4.6%
  • 株価は、75.4ドル

 

他企業、各国への影響が大きく、参入障壁が高い。高配当銘柄、なおかつ36年の連続増配銘柄、などなど、魅力的な株式だと思って購入したのですが、少し、再考が必要かもしれません。

あるいは、逆に、この安値圏で買い増しすることもありえる選択肢です。

 

いろいろ考えてみて、判断が間違いだったとの結論を出せば売却します。

 

 

www.usa-stocks.com

 

 

www.usa-stocks.com

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。楠木山人。